人工透析は自宅でできる! “最新遠隔診療”はこれまでと何が違う?

ヘルス

2019/05/13 11:30

「この装置が出るまでは、患者さんには日々の透析の状況をノートに記入して外来日に提出してもらっていました。透析をサボって記入だけしてくる患者さんがいても、こちらにはなかなかわかりませんでした。かぐやではこの点がすべてチェックできるので、主治医としては安心です。また、日々の除水量も画面に反映されるので、患者さんの外来日にはこの記録を元に、水がたまりすぎてきたら、透析液を変えたり、量を増やしたりします」

 処方の変更も遠隔操作でおこなう。

「遠方の患者さんで来院が難しい場合でも、遠隔診療により適切な治療を継続できます。北海道の道北では腹膜透析の病院が少なく、患者さんの頻回な通院が難しいため、このシステムが役立つと聞いています」(阿部医師)

 カテーテルの注液や排液がうまくおこなわれない場合、アラームが鳴り、そのデータは同時に病院にも送信されるようになっている。

 なお、透析時間は長いほうがからだに負担がかからない。かぐやでは透析時間も医師があらかじめ設定するが、最大四つのパターンを入れることができる。

 村上さんの場合、6時間と8時間の二つが設定されている。

「村上さんの場合、睡眠時間がとれない平日は6時間、土日で長めの睡眠がとれそうなときは8時間で実施するようにアドバイスしています」(同)

 村上さんもこう話す。

「以前の装置では時間の設定変更の必要が生じた場合、再度、設定し直さなければなりませんでした。かぐやはその必要がなく、ボタンでいずれかを選ぶだけ。年代を問わず、誰にでも使いやすいと思います」

 阿部医師の外来では現在、8人の患者がかぐやを使用中。なかには80代の患者もいるが、操作の困難を訴える人はいない。かぐやの導入により、今後は在宅医療が必要な高齢患者などにもAPDが利用しやすくなると、期待されている。

 実はかぐやの遠隔機能では透析治療の主治医以外に、訪問診療の医師や訪問看護師などとサーバーでつながることができる。

「かぐやには患者さんが血圧や体重を入力する画面があります。在宅医療の医師がこの数値をチェックすることで、体調の情報が収集できます。また、在宅医療の医師や訪問看護師が除水量をチェックし、『いつもより少ない』となれば、腎臓の主治医に連絡が行くでしょう。患者さんのデータはこちらでもチェックしていますが、より強固な形でサポートできるので、患者さんにとっては、強い安心感につながると思います」(同)

(ライター・狩生聖子)

週刊朝日  2019年5月17日号

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「遠隔操作で人工透析の処方」「AIが大腸がん診断支援」 医療機器の進歩はここまできた!

    「遠隔操作で人工透析の処方」「AIが大腸がん診断支援」 医療機器の進歩はここまできた!

    週刊朝日

    2/28

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    週刊朝日

    7/12

  • 【人工透析(腹膜透析)】腎臓病患者は3つの選択肢からどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    【人工透析(腹膜透析)】腎臓病患者は3つの選択肢からどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    dot.

    4/2

    透析治療中止による患者死亡で注目される「人工透析」の実態と病院選び

    透析治療中止による患者死亡で注目される「人工透析」の実態と病院選び

    週刊朝日

    3/11

  • 『「このままだと人工透析です」と言われたら読む腎臓病の本』4月23日発売!

    『「このままだと人工透析です」と言われたら読む腎臓病の本』4月23日発売!

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す