夫を好きでない高齢者が主人公 柚木麻子の新作がおもしろい!

読書

2019/04/18 08:00

 とはいえ、執筆は計画通りには進まなかった。75歳の女優正子と20代のマネージャー杏奈が世界中で活躍する話を考えていたものの、1歳の息子の育児で身動きが取れず、取材もままならない。毎日目にするのは保育園の送り迎えで通る商店街、スーパーマーケット、区役所という半径500メートルの景色。子どもといると八百屋さんで干し芋をもらったり、年配の人と話したりする機会が増えた。

「この状況でしかできないことがあるのではないか、私が普段見ている景色の中でスケールの大きなことができるのではないかと、書きながら気がつきました。家にいて、どうやって大望を実現するか、今ある資源でどう野心を満たすかに話がシフトしていきました」

 正子は近所のゴミ屋敷の住人、彼氏のいる一人息子など、さまざまな事情を抱える人々と自宅をお化け屋敷にする計画を立てる。

「週刊朝日」に連載中は義母と母から感想を聞き、単行本ではよりリアルな人物像が描けたという。

 最終的に正子はハリウッドを目指す。いくつになっても夢をあきらめられず暴走する正子がまぶしい。(仲宇佐ゆり)

週刊朝日  2019年4月26日号

マジカルグランマ

柚木 麻子

amazon
マジカルグランマ
1 2

あわせて読みたい

  • 上野千鶴子×柚木麻子対談 直木賞候補作から見る「弱者」への抑圧

    上野千鶴子×柚木麻子対談 直木賞候補作から見る「弱者」への抑圧

    AERA

    7/7

    5月号翻訳家 鴻巣友季子 Konosu Yukiko軽快にして強靭な批評性を持つ新たな代表作

    5月号翻訳家 鴻巣友季子 Konosu Yukiko軽快にして強靭な批評性を持つ新たな代表作

    5/1

  • ベストセラー作家が描く「現代に生きる高齢者の日常の中の奇跡」

    ベストセラー作家が描く「現代に生きる高齢者の日常の中の奇跡」

    AERA

    4/20

    子育てでシニアの気持ちに? 柚木麻子“70代ヒロイン”の痛快小説

    子育てでシニアの気持ちに? 柚木麻子“70代ヒロイン”の痛快小説

    週刊朝日

    7/24

  • 「マジカル女性作家」って? 現代の複雑な空気感を語る 上野千鶴子×柚木麻子対談

    「マジカル女性作家」って? 現代の複雑な空気感を語る 上野千鶴子×柚木麻子対談

    AERA

    7/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す