「あらゆるもの飛び越えた存在だった」 裕也さん「ロックンロール葬」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「あらゆるもの飛び越えた存在だった」 裕也さん「ロックンロール葬」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#お悔やみ
祭壇に飾られた内田裕也さんの遺影(撮影・上田耕司)

祭壇に飾られた内田裕也さんの遺影(撮影・上田耕司)

葬儀を終え、囲み取材に応じる美勇士さん(撮影/上田耕司)

葬儀を終え、囲み取材に応じる美勇士さん(撮影/上田耕司)

 カオスに包まれた、ミュージシャンらしいお別れ会だった。
 
 3月17日に他界したロック歌手、俳優の内田裕也さんの「ロックンロール葬」が3日、青山葬儀所で営まれた。ビートたけしさんや指原莉乃さんら多彩な面々が参列。葬儀委員長は田辺エージェンシーの田邊昭知社長、副葬儀委員長をイザワオフィス井澤健社長、ケイダッシュ川村龍夫会長、世話人をバーニングプロダクション周防郁雄社長ら、芸能界の大物たちが務め、別格の存在だったことがうかがわれた。
 
 裕也さんは1973年に樹木希林さんと結婚したが、1年半ほどで別居状態になった。数々の女性遍歴のあった父親に対し、2人の間の長女でエッセイストの也哉子さんは喪主として、こう赤裸々に吐露した。

「母は晩年、自分は妻として名ばかりで、夫に何もしてこなかった、と申し訳なさそうにつぶやくことがありました。『こんな自分に捕まっちゃったばかりに…』と遠い目をして言うのです。そして、半世紀近い婚姻関係の中、折り折りに入れ替わる父の恋人たちに、あらゆる形で感謝をしてきました」
 
 参列者に裕也さんとの思い出を聞いた。
 
 浅田美代子さんは「私もいつまで生きてるかわからないから……」としみじみともらした。「内田さんは希林さんがお迎えに来たんだなって、確実に思います」。
 
 田代まさしさんは「きょうは招待状が来たので来ました。良かったです」と冗談交じりに語った。「内田さんとの付き合いは長いです。毎年、ロックフェスティバルでお世話になってました」。
 
 ミュージシャンのCHARさんはこう語った。

「内田さんを一言ではとても言い表せない。自分をアマチュアからひっぱり上げてくれた方なので、残念です」
 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい