太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

2019/03/23 10:00

 建設ラッシュが続く大規模な太陽光発電所「メガソーラー」。立地や自然破壊などを巡って、全国各地で地元住民たちによる反対運動が起きている。そんな中、太陽光発電そのものに対しても、性能や効率を疑問視する意見が出ている。

あわせて読みたい

  • FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    週刊朝日

    10/11

    怒号飛び交う説明会 太陽光バブル崩壊の危機

    怒号飛び交う説明会 太陽光バブル崩壊の危機

    AERA

    1/28

  • 太陽光発電の固定価格買い取り制度は「いずれ破綻する」と早大教授

    太陽光発電の固定価格買い取り制度は「いずれ破綻する」と早大教授

    週刊朝日

    9/7

    東日本大震災から4年 再エネ抑制策に海外からも異論

    東日本大震災から4年 再エネ抑制策に海外からも異論

    週刊朝日

    3/13

  • 辛坊治郎氏 経験踏まえ「太陽光発電の適正買い取り価格は33円」と結論

    辛坊治郎氏 経験踏まえ「太陽光発電の適正買い取り価格は33円」と結論

    週刊朝日

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す