NHKドラマとかぶる…濱田岳主演“デリヘルドラマ”の意外な楽しみ方

連載「てれてれテレビ」

カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
イラスト/カトリーヌあやこ
拡大写真

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「フルーツ宅配便」(テレビ東京系 金曜24:12~)をウォッチした。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~」(テレビ東京系)で“二代目ハマちゃん”を務める濱田岳が、デリヘルの雇われ店長に。

 詐欺で借金を背負わされたOL。子供の学費を稼ぐシングルマザー。整形費用を貯めたい女。デリヘル嬢には、ゆず、みかん、イチゴ、レモンなど甘酸っぱいフルーツの名前が付いているけれど、その人生はだいたい苦くてしょっぱい。

 フルーツを配達するように、女たちをホテルに送り届ける咲田(濱田)の日常が、面白おかしくやるせなく、淡々と描かれていく。

 演出は白石和彌(「凶悪」「孤狼の血」)や、沖田修一(「南極料理人」「モリのいる場所」)といった話題の映画監督勢。

 そのせいか、なんなのか配役がめっちゃNHKドラマとかぶる。デリヘル嬢に「直引き」(店を通さない性交渉)を持ちかける客は、大河ドラマ「いだてん」の可児さん(古舘寛治)じゃないですか。何しとん。

 咲田の同級生だったデリヘル嬢・えみ(仲里依紗)に、かつて援交をさせていた義父は、朝ドラ「ひよっこ」の工場ライン長・松下(奥田洋平)。いつも「ご安全に!」て叫んでたのに、とんだ危険人物だよ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック