ミッツ・マングローブ「男勝りな女に関する仮説」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「男勝りな女に関する仮説」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

つばの広い帽子が示すものは… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

つばの広い帽子が示すものは… (※写真はイメージです) (c)朝日新聞社

 次に浮かんだのが『かつみ・さゆり』のさゆりさんです。旦那かつみさんの度重なる財テクや事業失敗による借金を背負いながらも、それをネタに長年テレビで活躍されているさゆりさん。関西の番組で共演させて頂いていますが、会うたびに圧倒されます。繊細だけど図太い芯が一本通った女性。その他にも松田聖子さんや大地真央さん、さらには“はるな愛”ちゃんにも同じ逞しさを感じます。ビジネスにしろ恋愛にしろ、常に何か獲物や標的を見据え、そこに向かって全力で熱を注いでいる。そしてそれを成し遂げる強靱な体力がある。「闘いは勝つまでヤッてこそ闘い」。そんな信念を掲げて生きていそうな人たちです。

 と、ここで“あること”に気付きました。皆さん一様に『頭に大きな装飾を付けがち&スカートを膨らませがち』という共通項がある……。かつてホステスの姐さん方が髪の『トサカ』で己を顕示し、周囲を威嚇したように、彼女たちもまた巨大なリボンやお姫様のようなスカートで『女の勇ましさ』をアピールしているのかもしれません。もしくは自分の『男勝り』な気質に対しバランスを取っているのでしょうか。いずれにせよ、ブリブリ&フリフリなメルヘンには敵わないということ。ちなみにその究極はアパホテルの社長です。

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい