キャディーが米ツアーで前代未聞のミス 丸山茂樹もその悪運に驚愕 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

キャディーが米ツアーで前代未聞のミス 丸山茂樹もその悪運に驚愕

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

ポール・ケーシー(右)とジョン・マクラーレンのいい笑顔。ウマが合うんでしょうね (Getty Images)

ポール・ケーシー(右)とジョン・マクラーレンのいい笑顔。ウマが合うんでしょうね (Getty Images)

 丸山茂樹氏は、メキシコ・メキシコシティーの米PGAツアーに参加した松山英樹選手と小平智選手のプレー、そして本大会で起きた珍事を語る。

【写真】ポール・ケーシーとジョン・マクラーレンのいい笑顔!

*  *  *
 アメリカPGAツアーの「WGCメキシコ選手権」(2月21~24日、メキシコ・メキシコシティーのチャプルテペックGC)はダスティン・ジョンソン(米)がぶっちぎっちゃいましたね。

 松山英樹(27)は72、70、67、70の通算5アンダーで19位でした。今回もちょっとだけ何かの歯車が合わなかった感じがしますけどね。でも、いつものことながら、なんやかんやでこの位置にいますよね。

 どんな試合でも我慢して、いつもポンと来る要素は持ってるんだなと感じました。何かのバランスが一気にマッチしたときに爆発するという。悪い悪いと言いながらも大したもんだ、というひとことですよね。

 小平智(29)は久々に大爆発しましたね。66位で出た最終日が8バーディー、1ボギーの64で、この日2番目にいいスコアだったそうです。これが突発的なものじゃなく、何かきっかけがつかめた結果ならいいですね。つかんだものが今後も生かされれば、と。智にとってはどこかで分からなくなったスイッチがあると思うんで、それがポンと入れば、急に安定したプレーができるようになるってのもあるんでね。今回でいいスイッチが入ったんだと思いたいですね。

 さて、このメキシコ選手権では信じられないような話がありました。3日目のことです。イングランドのポール・ケーシー(41)は35位で10番ホールからスタートしました。11番パー5でイーグル、12番パー4でバーディーと上々の滑り出し。迎えた13番パー3で驚きの事実が発覚します。

 ケーシーがキャディーのジョン・マクラーレンにピンまでの距離を聞いたところ、どうも自分の計算と合わない。ケーシーがジョンの持っていたピン位置を記したシートを確認すると、それは同じ日程で開催されていた米ツアーの「プエルトリコオープン」のものだったっていうんです!

 このアクシデントは、ケーシーと同組だったリー・ウェストウッドがツイートして明らかになりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい