プロ野球キャンプイン! 昨季ブレークした巨人岡本に続く選手は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロ野球キャンプイン! 昨季ブレークした巨人岡本に続く選手は?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

巨人岡本のように一気に活躍する選手が現れるか (c)朝日新聞社

巨人岡本のように一気に活躍する選手が現れるか (c)朝日新聞社

 チャンスが多いということは、それだけ過程を見てくれるということ。安打が出なくても、いい打ち方をしている、最初の打席で手も足も出なかった球種に対して2打席目に修正しているなど、対応力も見てくれる。だから、腰を据えてキャンプに臨んでほしい。

 実戦が早まることで懸念されるのは、若手は早く結果を求め、中堅、ベテランは周囲のペースに惑わされてオーバーペースになること。例えば、右ふくらはぎの肉離れで2軍スタートとなった中日の根尾昂。早期復帰への努力を怠ってはいけないが、それが焦りにつながっては意味がない。

 今年は2020年東京五輪という目標を見据えた大事な年になる。昨年大ブレークした巨人の岡本和真のように、今年一気に活躍すれば、代表入りの可能性も高まる。逆に活躍しなければ、来年の代表入りはない。そういった意味で、キャンプインから3月にかけて、どんな選手が覚醒の可能性を持っているかを、実戦を通じて見ていきたい。

週刊朝日  2019年2月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい