ヒロミもお気に入り 松本伊代が“あっさりさ”に驚いた油そば 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヒロミもお気に入り 松本伊代が“あっさりさ”に驚いた油そば

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中るみこ週刊朝日#グルメ#人生の晩餐
麺屋 東京かとむら (撮影/倉田貴志)

麺屋 東京かとむら (撮影/倉田貴志)

麺屋 東京かとむら 油そば
「油そば」とは、卓上のラー油と酢を回しかけ、どんぶりの底に隠されたタレと油、具材を麺に絡めて食べる汁なし麺だ。同店のそばは油っぽさがなく、塩分もカロリーも控えめ。女性にも人気が高い。弾力のある太麺に、うまみが凝縮した自家製ダレと太白ゴマ油がバランスよくなじみ、ほぐしたチャーシューもうまさを後押し。温玉やバターなどのトッピングを追加し、自分好みにカスタマイズするのも楽しい。子供盛500円、並盛750円。税込み (撮影/倉田貴志)

麺屋 東京かとむら 油そば
「油そば」とは、卓上のラー油と酢を回しかけ、どんぶりの底に隠されたタレと油、具材を麺に絡めて食べる汁なし麺だ。同店のそばは油っぽさがなく、塩分もカロリーも控えめ。女性にも人気が高い。弾力のある太麺に、うまみが凝縮した自家製ダレと太白ゴマ油がバランスよくなじみ、ほぐしたチャーシューもうまさを後押し。温玉やバターなどのトッピングを追加し、自分好みにカスタマイズするのも楽しい。子供盛500円、並盛750円。税込み (撮影/倉田貴志)

麺屋 東京かとむら
東京都目黒区中町1-1-1(営)11:00~15:00 L.O.17:00~22:30L.O.(休)なし (撮影/倉田貴志)

麺屋 東京かとむら
東京都目黒区中町1-1-1(営)11:00~15:00 L.O.17:00~22:30L.O.(休)なし (撮影/倉田貴志)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回はタレント・松本伊代さんの「麺屋 東京かとむら」の「油そば」だ。

【太麺にタレとゴマ油が絡む!「油そば」の写真はこちら】

*  *  *
 ここは最初、長男にすすめられたお店。「油そば」って聞いて、こってり系なのかな?と。でも家族4人で行ってみたところ、想像以上にあっさりとした味付けでびっくり。ヒロミさんも気に入って、それ以来、思い立っては伺うようになりました。

 ヒロミさんはいつも大盛りを注文。私は小ぶりの「子供盛り」。たっぷりのもやしをトッピングするので、満足感はあります。まずはラー油やお酢を加えず、底から麺ダレと油をすくって混ぜていただきます。コクのあるタレとシャキシャキのもやしが麺に絡んで、これだけでも十分においしい。チャーシューもほぐしてあるから麺と相性が良くて。そのあとお酢を足し、締めにラー油を少し足して3段階で楽しみます。自分好みに味に変化がつけられるのがいいですね。汁なしでカロリーが控えめなのも嬉しいところです。

 慌ただしい日々のなかでも、たまに顔を合わせて家族でおいしいものを食べに行く。これがわが家流の絶好のコミュニケーションとなっています。

(取材・文/今中るみこ)

「麺屋 東京かとむら」東京都目黒区中町1‐1‐1/営業時間:11:00~15:00L.O. 17:00~22:30L.O./定休日:なし

週刊朝日  2019年2月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい