大河ドラマの準主役も断った…芳村真理が“天職”をつかむまで (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大河ドラマの準主役も断った…芳村真理が“天職”をつかむまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
石原壮一郎週刊朝日
芳村真理(よしむら・まり)/1935年、東京都中央区生まれ。ファッションモデルとして活躍。その後、ラジオ、テレビでレギュラー番組を抱え、映画にも多数出演。「小川宏ショー」「夜のヒットスタジオ」「3時のあなた」「料理天国」など、数多くの番組で司会を務める。現在は、NPO法人MORI MORIネットワークの副代表理事として、日本の森林を守る活動に尽力している。著書に『一生、美しく。 今からはじめる50の美習慣』(朝日新聞出版)など (撮影/品田裕美)

芳村真理(よしむら・まり)/1935年、東京都中央区生まれ。ファッションモデルとして活躍。その後、ラジオ、テレビでレギュラー番組を抱え、映画にも多数出演。「小川宏ショー」「夜のヒットスタジオ」「3時のあなた」「料理天国」など、数多くの番組で司会を務める。現在は、NPO法人MORI MORIネットワークの副代表理事として、日本の森林を守る活動に尽力している。著書に『一生、美しく。 今からはじめる50の美習慣』(朝日新聞出版)など (撮影/品田裕美)

芳村真理さん (撮影/品田裕美)

芳村真理さん (撮影/品田裕美)

 あのとき、別の選択をしていたら──。著名人が人生の岐路を振り返るもう一つの自分史。今回は、伝説の歌番組「夜のヒットスタジオ」などを担当した司会者の芳村真理さんです。モデル、女優、司会者と何でもこなし、その抜群のファッションセンスで注目の的だった芳村さん。移り変わりの速い世の中をしなやかに歩んできました。

【芳村真理さんの写真の続きはこちら】

*  *  *
 私はいつも、その時代に流れてきたものをやってきただけ。いろんな時代が目の前を通り過ぎて、私は川岸からピョンとのったら、うまくはまっていっしょに流れてきた感じ。

 モデルから始まって、ラジオやテレビの仕事もみんなそう。時代ごとの新しい仕事をすべてやらせてもらえて、ラッキーだったし楽しかったですね。もちろん、与えられた仕事は120%の力で、せいいっぱいやってきたつもりですが。

――高校時代は銀座のデパートでアルバイト。卒業後も働いてほしいと言われたが、「どうせなら誰もやってない仕事を」と、モデル事務所を探した。ちょうど高度経済成長期が始まろうとしていたころだった。

 直感的に「面白そうだな」って思った。あのころ、銀座にモデルクラブがふたつあって、近いほうに行ったら、「ここに名前と連絡先を書いてください」って、それだけ。面接もオーディションもないの。

 何日かしたら電話がかかってきて、言われるままに赤坂のビルに行ったら、そこは美容室の事務所で、いろんな髪形にされて、この服を着てくださいって言われて、どんどん写真を撮られたの。ヘアスタイルのモデルの仕事だったのね。

 後日、新聞に「日本ヘアデザイン協会の今年のルック」って、自分の写真が出ててビックリ。全国からヘアモデルを頼まれたわね。どうやら私の髪は、細いけど強くて、ちょっと茶色がかっているのがよかったみたい。頭の形も「どんな髪形にもよく合ってやりやすい」って。まさか、そんなことホメられるなんてね。

 時代に、ピッタリはまったんだと思う。戦争が終わって10年近くたって、やっと髪形を気にする余裕が出てきたんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい