意外! テレビの現場で重宝する「手荒れケア軟膏」って? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外! テレビの現場で重宝する「手荒れケア軟膏」って?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「ヒビケア軟膏a」は、割れた皮ふ組織を修復する成分に加え、血行促進成分や保湿成分、かゆみをおさえる成分を含み、くり返すひび、あかぎれをしっかり治療する。希望小売価格15g 1400円、35g 2100円(ともに税抜き)。ドラッグストアなどで購入可能。

「ヒビケア軟膏a」は、割れた皮ふ組織を修復する成分に加え、血行促進成分や保湿成分、かゆみをおさえる成分を含み、くり返すひび、あかぎれをしっかり治療する。希望小売価格15g 1400円、35g 2100円(ともに税抜き)。ドラッグストアなどで購入可能。

「乾燥で指先が割れてしまっている女性タレントさんが意外と多いんです。そんなときヒビケアを指先にたっぷり塗ってさしあげて、本番まで布手袋をつけていただくと、本番後、『痛くなくなった』と報告をちょうだいするほど即効性がある」とメイクさん。

 さらに、食リポが多い男性タレントや、いわゆる“箸上げ”を担当する男性ADの指先や手の甲に塗ってあげることもあるのだという。

 箸上げとは、料理を接写する際、箸やフォーク、スプーンなどで一口分をあげる行為。シズル感たっぷりな料理もアップになるが、手もアップになるため、爪に垢が溜まっていたり、手指がガサガサになっていたら料理画像が台無しになる。彼らにもケアが必要なのだ。

「ハンドクリームは男性から香りやベタつきを敬遠されてしまいますが、『ヒビケア』は、なめらかな使用感で、手になじむし、すぐに潤います」とのこと。

 実は、タレントの肌に触れるメイクさんの指先ケアの必需品でもあるそうだ。

 テレビCMでは台所で水仕事をする主婦のあかぎれケアにスポットが当たっているが、メイクの現場でも欠かせない「ヒビケア」。侮れない。

週刊朝日  2019年2月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい