意外! テレビの現場で重宝する「手荒れケア軟膏」って? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

意外! テレビの現場で重宝する「手荒れケア軟膏」って?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「ヒビケア軟膏a」は、割れた皮ふ組織を修復する成分に加え、血行促進成分や保湿成分、かゆみをおさえる成分を含み、くり返すひび、あかぎれをしっかり治療する。希望小売価格15g 1400円、35g 2100円(ともに税抜き)。ドラッグストアなどで購入可能。

「ヒビケア軟膏a」は、割れた皮ふ組織を修復する成分に加え、血行促進成分や保湿成分、かゆみをおさえる成分を含み、くり返すひび、あかぎれをしっかり治療する。希望小売価格15g 1400円、35g 2100円(ともに税抜き)。ドラッグストアなどで購入可能。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、池田模範堂の「ヒビケア軟膏a」。

【池田模範堂の「ヒビケア軟膏a」の写真はこちら】

*  *  *
 テレビ局で出会うメイクさんには、比較的荷物が少ない人と、小さな引っ越しかと思うほど荷物が多い人の2タイプがいる。

 メイクをしてもらうほうから言わせてもらえば、“小さな引っ越し”タイプのメイクさんのほうが色々助かるというもの。特にメイク室やロケ先では、ドラえもんのように何でもかんでも出してくれるタイプに人気が集まっている気がする。

 タオルウォーマー(蒸しタオルの保温器)やスチーマーを2台、3台。ドライヤーや、コテの太さ別にアイロンを複数用意すれば、それは引っ越し級の荷物となる。さらに気合を入れれば、ウイッグやつけまつげ、あらゆる色のシャドウを持参することになるとも聞く。

 また、目薬やニキビ薬、チューブタイプのリップバームなども、メイクさんが持っていると助かるモノだ。

「この時期は、これも必携なんです」と某局のメイクさんが教えてくれたのは、「ヒビケア軟膏」である。

 テレビCMでもおなじみの同品は、ひび割れに直接はたらき修復する【アラントイン】と、肌細胞を元気にし、修復を促進する【パンテノール】をWで配合した、ひび・あかぎれ治療薬。

 冬場の水仕事で「くり返すパックリ割れに」という触れ込みの軟膏が、なぜ局メイクさんのボックスに入っているのか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい