貴ノ岩にもブーメランした暴力問題 スネ傷ある相撲協会幹部らで決別できるのか?

2018/12/16 17:26

 去年10月の巡業中の暴行の引責で横綱・日馬富士が引退し、約1年後、あろうことか、そのときの被害者だった貴ノ岩が暴行の加害者となって引退した大相撲。悪い冗談を見ているようで、最も痛みを知るはずの者が、なぜ? と思うと同時に、だからこそ許されることではなく引退は当然の帰結、だと思う。

あわせて読みたい

  • 引退した貴ノ岩の不運 「貴乃花部屋消滅、親方夫妻の離婚、民事訴訟で情緒不安定に」

    引退した貴ノ岩の不運 「貴乃花部屋消滅、親方夫妻の離婚、民事訴訟で情緒不安定に」

    dot.

    12/8

    日馬富士暴力事件の本質を見失うな 事実と異なる話が独り歩きした背景とは

    日馬富士暴力事件の本質を見失うな 事実と異なる話が独り歩きした背景とは

    AERA

    11/27

  • 巡業部長の座を捨てても闘う覚悟の貴乃花に怯える日馬富士

    巡業部長の座を捨てても闘う覚悟の貴乃花に怯える日馬富士

    週刊朝日

    11/28

    激化する相撲界の情報戦 日馬富士が貴ノ岩派の旭鷲山の“和解仲介”を拒否

    激化する相撲界の情報戦 日馬富士が貴ノ岩派の旭鷲山の“和解仲介”を拒否

    週刊朝日

    11/24

  • 日馬富士の暴行事件から見る モンゴル勢の“絆”と“ねたみ”

    日馬富士の暴行事件から見る モンゴル勢の“絆”と“ねたみ”

    AERA

    12/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す