買いだめすべき商品とは? 消費増税に負けない“お得”な買い物術 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

買いだめすべき商品とは? 消費増税に負けない“お得”な買い物術

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#増税

2014年の消費増税前には家電売り場や住宅展示場などがにぎわった (c)朝日新聞社

2014年の消費増税前には家電売り場や住宅展示場などがにぎわった (c)朝日新聞社

消費増税前に買っておきたいもの(週刊朝日2018年11月2日号より)

消費増税前に買っておきたいもの(週刊朝日2018年11月2日号より)

消費増税前に急ぐ必要がないもの(週刊朝日2018年11月2日号より)

消費増税前に急ぐ必要がないもの(週刊朝日2018年11月2日号より)

 給料や年金が増えにくいなか、来年10月からの消費増税は家計を直撃する。痛手を避けるにはどうすればいいのか。白物家電を早めに買うことや、酒や薬を備蓄しておくことなど、増税に負けない“得技”を探ってみた。

【図表】消費増税前に買っておきたいもの、急ぐ必要がないものの一覧はこちら

*  *  *
 2019年10月から、消費税率は今の8%から10%に上がる。1989年の導入時は3%だったが、97年に5%、14年に8%まで引き上げられていた。毎日の買い物のたびに税金を取られていることに、納得できない人は多いだろう。

 今度の増税まで1年もない。何が“買い”で、何が“待ち”なのか。買うべきものとして思いつくのは、金額の大きな商品だ。

 例えば「人生最大の買い物」と言われる住宅。土地には消費税はかからないが、建物にはかかる。3千万円の物件なら、消費税は240万円から300万円に跳ね上がる計算だ。買う予定が決まっていれば早めに買うのが得策だが、焦りは禁物だ。流通アナリストの渡辺広明氏はこう指摘する。

「前回の増税後に個人消費が大きく落ち込んだこともあって、政府は住宅や自動車を買う人向けに、減税や補助金などの優遇措置をとる方針です。ひとまず12月までは様子を見て、国の対策を見極めましょう。その上で、必要な人は早めに買えばいいのです」

 住宅を買う場合は「引き渡し」がいつになるかが重要だ。戸建て住宅や新築マンションの場合は、増税前に契約していても、来年10月以降の引き渡しになると増税後の税率が適用される。注文住宅では19年3月末までに契約していれば、引き渡し時期に関係なく税率は据え置きだ。

 政府が10月15日に増税を改めて表明したことで、ある住宅メーカーの営業担当は、「すでに複数の駆け込みがあった」と明かす。

「住宅メーカー側は年明けから3月末まで、相当数の駆け込み消費があると見込んでいます。売り上げを分散させたいので、早めに契約してもらったほうが、値引きはしやすいと思います。増税後の値下がりを期待する人もいますが、可能性は低い。東京五輪を控え建設業界は人手不足で、戸建て住宅価格は上昇傾向です」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい