歯周病を防ぐことが認知症の予防になる!? 最新研究でわかった「歯」と「脳」の関係

ヘルス

2018/10/31 07:00

 認知症や認知機能の低下には、さまざまな因子が関係しているといわれています。なかでも近年注目を浴びているのは、歯や口の機能と認知症の関係です。予防はもちろん、認知症の進行を抑える意味でも「口の健康」は無視できないとされます。その理由について、週刊朝日ムック『60歳からはじめる 認知症予防の新習慣』では、国立長寿医療研究センター研究所・口腔疾患研究部の松下健二部長に取材しました。

あわせて読みたい

  • 歯周病が認知症の原因に? 歯周病専門医の答えは?
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯周病が認知症の原因に? 歯周病専門医の答えは?

    週刊朝日

    4/8

    最新研究でわかった 歯周病菌がアルツハイマー病を悪化させる?

    最新研究でわかった 歯周病菌がアルツハイマー病を悪化させる?

    dot.

    5/28

  • 歯周病菌が生み出す酵素が認知症患者の脳内に! 歯科医が注目の最新研究とは? 
    筆者の顔写真

    若林健史

    歯周病菌が生み出す酵素が認知症患者の脳内に! 歯科医が注目の最新研究とは? 

    dot.

    7/29

    糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症にも影響? 血流に乗って全身にめぐる菌の正体とは

    糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症にも影響? 血流に乗って全身にめぐる菌の正体とは

    dot.

    6/19

  • 虫歯や歯周病が認知症・脳出血を引き起こす? 噛む力も予防に効果的

    虫歯や歯周病が認知症・脳出血を引き起こす? 噛む力も予防に効果的

    週刊朝日

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す