ゴール間違えて騎乗停止の山田敬士騎手を待ち受けるイバラの道

2018/10/21 12:28

日本で初めての直線競馬 (c)朝日新聞社
日本で初めての直線競馬 (c)朝日新聞社

 競走距離誤認という前代未聞のミスが起きたのは10月13日の新潟競馬場、第6レース。

 2番人気のペイシャエリートに騎乗したルーキーの山田敬士騎手(21)が、1周半走って2500メートルで競うレースを1000メートル少々走ったところで勝ったと勘違いし、間違いに気付いてレースに復帰したものの大差の最下位となり、即日、騎乗停止となった。

 競馬記者によると、2500メートルだと知らなかったわけではないらしい。

「『お前、どうしたの?』と本人に聞いた騎手たちによると、レース前に調教師から『絶対、ハナ行け(先行して逃げろ)』と指示が出たのでゲートを切るとすぐ押して、先頭で迎えた1周目の4コーナーを回ったところで1周半するレースだってことが飛んじゃったようなんです(苦笑)」

 レースから戻ったとき、顔色がなかった、とか。

「2番人気であんなレースしたんだから馬券を買った人たちと馬主さんに申し訳ない。だけど、何しろ1年目だし、そういう事情だから、あんまりたたかないでやってほしいな、と騎手たちは言っていました」(競馬記者)

 山田騎手の評判はいい。


NEXT

「今どき珍しいタイプ」とスポーツ紙デスク

1 2

あわせて読みたい

  • 【アスリート美女図鑑】菜七子フィーバーは続くのか? 

    【アスリート美女図鑑】菜七子フィーバーは続くのか? 

    dot.

    3/2

    ドレス姿の藤田菜七子騎手をドン小西がファッションチェック!

    ドレス姿の藤田菜七子騎手をドン小西がファッションチェック!

    週刊朝日

    5/3

  • 66歳男性が風呂場で涙… 友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    66歳男性が風呂場で涙… 友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉

    dot.

    5/6

    最強騎手・ルメールが語る有馬記念の展望 人柄も日本語も「無双」 

    最強騎手・ルメールが語る有馬記念の展望 人柄も日本語も「無双」 

    週刊朝日

    12/24

  • 川崎競馬の滝川寿希也騎手が “八百長暴露” におわせ? SNS不適切発言で騎乗停止問題

    川崎競馬の滝川寿希也騎手が “八百長暴露” におわせ? SNS不適切発言で騎乗停止問題

    週刊朝日

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す