秋の夜長にゲーム三昧… それってもしかして「ゲーム障害」かも?

2018/10/10 07:00

 過ごしやすい秋は、何事にも取り組みやすい季節だ。学業や仕事もはかどる時期のはずだが、深夜までゲーム漬けでは、家族も気が気ではない。世界保健機関(WHO)が精神疾患の一つとして認定した「ゲーム障害」とはどのような「病気」なのか。家庭用ゲーム機の登場以来、長年、ゲームにはまった子どもや大人を診てきた精神科医師に取材した。

あわせて読みたい

  • オンラインゲーム依存症の恐怖 感情や欲望を制御する脳神経細胞「死滅」も!

    オンラインゲーム依存症の恐怖 感情や欲望を制御する脳神経細胞「死滅」も!

    週刊朝日

    10/12

    スマホゲームで不登校に… 「脱ゲーム依存症」での精神科医による治療法とは?

    スマホゲームで不登校に… 「脱ゲーム依存症」での精神科医による治療法とは?

    週刊朝日

    10/14

  • あなたのゲーム依存度を今すぐチェック! 中高生約52万人がネット依存症という現実

    あなたのゲーム依存度を今すぐチェック! 中高生約52万人がネット依存症という現実

    AERA

    9/18

    3月号精神科医 中山秀紀 Nakayama Hideki依存症とは脳内借金です

    3月号精神科医 中山秀紀 Nakayama Hideki依存症とは脳内借金です

    3/2

  • コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    週刊朝日

    4/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す