“落語ははみ出している人も主人公”細川貂々が描いた落語の魅力

2018/09/29 16:00

 漫画家の細川貂々さんが、落語をテーマにしたコミックエッセー『お多福来い来い てんてんの落語案内』(小学館、1200円)を出版した。「芝浜」「初天神」「七度狐」など22の演目を、自分や家族の話と重ね合わせて描いている。

あわせて読みたい

  • すごい勢いのグループLINEに恐怖…PTA役員の実態を漫画家が語る

    すごい勢いのグループLINEに恐怖…PTA役員の実態を漫画家が語る

    AERA

    5/14

    “ツレうつ”から10年 「元気づけようと踊ったことも…」と作者振り返る

    “ツレうつ”から10年 「元気づけようと踊ったことも…」と作者振り返る

    週刊朝日

    9/23

  • 情けは人のためならず ── 落語「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」

    情けは人のためならず ── 落語「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」

    tenki.jp

    6/23

    PTAは「噂に聞くほど怖くない」? 本部役員務めた漫画家が語る実態

    PTAは「噂に聞くほど怖くない」? 本部役員務めた漫画家が語る実態

    AERA

    5/15

  • 第8回 人生を豊かにする引き出しのひとつ『親子で楽しむ こども落語塾』

    第8回 人生を豊かにする引き出しのひとつ『親子で楽しむ こども落語塾』

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す