田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗週刊朝日#田原総一朗
田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

(イラスト/ウノ・カマキリ)

(イラスト/ウノ・カマキリ)

 少なからぬ企業がシリコンバレーなどに研究所を設けてアメリカ人の研究者を受け入れているとはいえ、失敗に対して不寛容という企業体質の転換はできるのか。どの企業の経営者も、その体質を何としても転換するのだと強調したが。もっとも、企業体質を転換できたとしても……。

 実は、2015年の12月にオックスフォード大の学者たちと野村総研が共同研究し、10~20年後には、日本人の仕事の49%がAIに奪われる可能性があると発表した。

 現在のAIは特化型AIで、囲碁では名人に勝てても、将棋やチェスはできない。つまり一つのことしかできないのである。それに対して、30年代になると、汎用AIが登場する。すると人間のようにいろんなことができるようになって、人間の仕事がAIに奪われるようになると危惧する学者や研究者が少なくない。さらに40~50年代になると、シンギュラリティーの時代、つまりAIがAIを創ることになって、人類の仕事の90%がなくなる、とアメリカの著名な発明家レイ・カーツワイル氏は指摘している。

 もっとも、松尾氏は、産業革命で機械が仕事をするようになっても、人間の仕事はむしろ増えたように、新しい仕事がどんどん出てくる、と悲観的な捉え方はしていない。

 いまや時代の寵児である落合陽一氏は、好きなことを好きなようにやればよい、それができる時代なのだ、と語っている。

週刊朝日  2018年9月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい