WHOが警鐘を鳴らす「ヘッドホン難聴」 大音量ライブでは「飲酒」と「睡眠」に注意? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

WHOが警鐘を鳴らす「ヘッドホン難聴」 大音量ライブでは「飲酒」と「睡眠」に注意?

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川美香子週刊朝日#ヘルス
WHO(世界保健機関)も「ヘッドホン難聴」として警鐘を鳴らしている(※写真はイメージ)

WHO(世界保健機関)も「ヘッドホン難聴」として警鐘を鳴らしている(※写真はイメージ)

 耳は目のように閉じることができず、眠っている間も音は入るため、生まれてからずっと休まず働き続けている器官です。耳が何らかの理由で聞こえなくなるのが難聴ですが、普段聞いている音の大きさや時間がその発症に影響しているといいます。週刊朝日ムック『「よく聞こえない」ときの耳の本』では、耳や聞こえに関する素朴な疑問に、岩手医科大学病院耳鼻咽喉科教授の佐藤宏昭医師に答えてもらいました。その一部をお届けします。

*  *  *
Q イヤホンやヘッドホンの使いすぎは聴力によくない?

A 長時間に及ぶイヤホン習慣は難聴リスク大

 近年、若者を中心にスマートフォンなどの携帯音楽プレーヤーにイヤホン、ヘッドホンを接続して大音量で長時間、音楽を聴く人が増えています。そうした生活習慣を繰り返すことで音が聞こえにくい状態=「難聴」を発症するリスクが高まっており、WHO(世界保健機関)も「ヘッドホン難聴」として警鐘を鳴らしています。

 これまでは、難聴をきたすような大きな音に長時間さらされるというのは、職業性によるものがほとんどでした。本人にとって好ましい音量で聴く場合においても、習慣的に繰り返すなど負荷が大きすぎれば、難聴を起こす危険があります。難聴発症リスクがあることを理解し、長時間、イヤホンやヘッドホンで音楽などを聴きすぎないように注意しましょう。

Q 大音量ライブは耳に危険?

A 寝不足や飲酒後などではとくに注意が必要

 現在、世界的にもっとも危惧されている難聴発症リスクが「娯楽による騒音」、つまり、携帯音楽プレーヤーによる音楽聴取や、ディスコ、クラブ、バー、ライブ、スポーツなどの危険なレベルの騒音にさらされる娯楽の場への参加とされています。

 ちなみにジェット機の通過音を間近で聴取すると120dB以上ですが、ライブ会場などでそれを超える140dB以上の音を一瞬でも体験すると不可逆的な難聴を発症します。100~120dBでも数分~数時間、その音量にさらされることにより急性難聴となる恐れがあります。

 ライブ会場ではスピーカーの前などでそうした事故が起きやすく、体質や体調などの個人差はありますが、寝不足や飲酒後などではとくにリスクが高まるので注意が必要です。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい