東大卒ママが考える言葉がもつ力 「イヤイヤ期」と「ワンオペ育児」が嫌な理由 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが考える言葉がもつ力 「イヤイヤ期」と「ワンオペ育児」が嫌な理由

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子週刊朝日#教育
杉山奈津子/1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。4歳児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

杉山奈津子/1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。4歳児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな時期。子どもにとっては自我が芽生えていろんなことに興味をもち始める楽しい時期だ

イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな時期。子どもにとっては自我が芽生えていろんなことに興味をもち始める楽しい時期だ

「イヤイヤ期か」と思いながら子どもの面倒な行動をみていたら、考え方もマイナスだし、肉体面でも疲れてマイナスになり、何もいいことがありません。でも、「脳の急速成長期がきた」と思えば、頭の中がプラスになるし、そう捉えることで肉体的にもゆとりが生まれてくる気がします。

■夫とケンカするより2度や3度の里帰り

 個人的には、「ワンオペ育児」という言葉も好きではないです。もちろん、その言葉によって自分のおかれている状況を自覚し、改善しようと思える人もいるかもしれません。しかし、「ワンオペ育児」という言葉が免罪符となって、「そういう人がたくさんいるんだから、自分も(あるいは妻も)がんばるべき」と思ってしまう人たちがたくさんでてきてしまう気がします。サザエさんの家を思い出してください。あんな大家族の中でタラちゃんを育てているサザエさんは、どんなに育児がラクだろうかと思います。そんな「サザエ式育児」みたいな言葉も広がればいいなと思うのです。育児でイライラして夫とけんかになるくらいなら、生まれるときだけでなく、2度や3度の里帰りもありだと思います(もちろん、仕事を考えると難しくはなってきますが)。

 思考は言葉でなされるものですから、「言葉がもつ力」は思うより強いものです。世の中の流れの中で変わっていく言葉が、「イヤイヤ期」「ワンオペ育児」のようなマイナスを助長させるものでなく、マイナスを吹き飛ばしてプラスにしてくれるような、子どもがもっと育てやすくなって気分がラクになるものが、どんどん作られて広がればいいなと思います。


◯杉山奈津子(すぎやま・なつこ)1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

杉山奈津子

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい