東大卒ママが考える言葉がもつ力 「イヤイヤ期」と「ワンオペ育児」が嫌な理由 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが考える言葉がもつ力 「イヤイヤ期」と「ワンオペ育児」が嫌な理由

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子週刊朝日#教育
杉山奈津子/1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。4歳児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

杉山奈津子/1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。4歳児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな時期。子どもにとっては自我が芽生えていろんなことに興味をもち始める楽しい時期だ

イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな時期。子どもにとっては自我が芽生えていろんなことに興味をもち始める楽しい時期だ

 しかし、この教授の記事によると、チベットでは2歳児は「ただ自由にブラブラしているだけの時期」と、特にマイナスの印象をもたれていないそうです。心理学は欧米が先行しているので「魔の2歳児」なんて言葉が一般的になっていますが、世界中のほとんどの国ではそんな否定的な言葉は使われないとのこと。そして、欧米や日本と、他の国の育児で違う点といえば、やはり周囲の環境を含めた、育児に関する「おおらかさ」や「ゆとり」でしょう。

 考えてみれば、イヤイヤ期は「親からみて」子どもがイヤイヤ言いだすやっかいな時期なわけです。でも、子どもにしてみれば、自分の中に自我が芽生えて、いろいろなことに興味をもち始めるという、とっても楽しい時期なのです。

 2歳児は、考えながら行動するのではなく、行動しながら考えるそうです。ならば、「やっちゃダメ」と止めるよりもたくさん行動させて、自分の身をもって「こうすると」「こうなる」という因果関係を結ばせてあげたほうが、子どもにとって大きな成長につながります。

■嫌な時期をプラスの言葉に変える

 私の息子が「自分でやる」と言いだしたときは「これが噂のイヤイヤ期か」と捉えてしまい、精神的にも肉体的にも疲れたものでした。行動がモタモタして時間がかかるし、失敗して部屋が汚れるし……でもそれは、「イヤイヤ期」という時期は嫌なものだという思い込みがあったからで、ブラブラしてしまう時期なら「仕方ない」と思えるようになりました。個人的には、「ブラブラ期」という自由な感じより、もっと「脳の急速成長期」のように大きくプラスの言葉に変えてもらえると、イライラしていた子どもの行動にも「ああ、いま息子の脳がすごく成長しているんだな」と大らかに考えることができると思います。歩いている途中で急に立ち止まって石を集めだしたり、自分の力では開けられないフタを必死に開けようとしたりしていても、「いま彼は考えているのか」「がんばれ」と、急かさずに待って応援してあげる余裕をもつことができます。

 そもそも、自我が芽生えず、なんでも親にやってもらっていたら、大人になってから何もできないダメな人間になってしまうわけです。本来ならば、「自分でやる」と言いだすことは、喜んで祝福すべきことです。ただ、生まれてから2年しか経っていないので、圧倒的経験不足から失敗が多いだけ。それを「ほら、できないじゃない」と怒るほうがおかしな気もします(確かに後片付けや周囲に迷惑をかけてしまうのは大変ですが)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい