西友がドンキになる日 今年中に買収も? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

西友がドンキになる日 今年中に買収も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日

西友の店舗=東京都 (c)朝日新聞社

西友の店舗=東京都 (c)朝日新聞社

MEGAドン・キホーテの店舗=横浜市 (c)朝日新聞社

MEGAドン・キホーテの店舗=横浜市 (c)朝日新聞社

 大手スーパーの「西友」が、ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」に買収される。そんな可能性が浮上している。

【写真】西友がドンキに…?

 ことの発端は、ドンキホーテホールディングスの大原孝治社長が13日の決算説明会で述べた発言だ。

「本当に西友が売られるのなら興味がある」

 西友は現在、小売り世界最大手の米ウォルマートの傘下にある。ウォルマートは2002年、西友と包括提携し、08年には完全子会社化した。そのウォルマートが西友を売却して、日本から事実上徹底するとの見方が強まっている。ウォルマートは「西友を売却するという決定はない。それに関連した第三者との検討も一切行っていない」と否定しているが、売却の打診が始まっているとみられている。

 西友は全国に300店以上あり、駅前など立地条件が良いところもある。食料品に力を入れていて、固定客も多い。大手スーパーの会社が売りに出されることはめったになく、複数の企業やファンドが関心を示している。

 中でもドンキホーテは有力な買収候補だ。29期連続で増収増益を達成していて、店舗数は最近5年間で130店舗以上増えている。事業を拡大しているドンキにとって、買収が成功すれば成長を加速させるチャンス。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい