室井佑月「あんまりだと思うのよ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「あんまりだと思うのよ」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月週刊朝日#安倍政権#室井佑月
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

(c)小田原ドラゴン

(c)小田原ドラゴン

 総理のお友達が理事長をやっている加計学園グループに税金をふんだんに投入しているが、それがうちらにとってどう大切なことなのか、まるで意味がわからないんですけど。

 アメリカから輸入するイージス・アショアの本体価格が、1セットあたり800億円から1340億円へと跳ね上がったけど、それはそのままでいいの?

 東京医科大学が2013年に女性の活躍を支援する国の事業に選ばれ、3年間で8千万円を超える補助金を受けていたというのは、もはやギャグだよ。どんだけうちら国民をなめてんの?

 非正規労働者は増えるし、格差社会は広がって、子どもの貧困も問題になっている。働かせ方改革、高プロ導入。うちら国民を過労死寸前まで働かせたいんだってよ。

 その上、カジノで金を使わせようとするなんて、あんまりだと思うのよ。

週刊朝日  2018年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい