本田圭佑、豪で選手、カンボジアで“代表監督”に 二刀流の切れ味は?

2018/08/22 16:00

 現役引退か続行か、去就が注目されていたサッカー元日本代表の本田圭佑(32)は、オーストラリアの1部リーグ、Aリーグのメルボルン・ビクトリーに加入すると決まった。年俸は約3億円と見られる。ワールドカップ(W杯)ロシア大会では途中出場ながらも、1ゴール1アシストと結果を残した。一方で、本田は「次のW杯は目指さない」と表明。さらに、所属していたメキシコのパチューカとも契約が切れ、引退の可能性も報じられていた。同時に“ビジネスマン”本田としての活動が目立ち、W杯直後には米俳優で歌手のウィル・スミスとファンドの立ち上げを発表していた。

あわせて読みたい

  • “開幕先発先制点”の本田圭佑 東京五輪出場はさすがに厳しい?

    “開幕先発先制点”の本田圭佑 東京五輪出場はさすがに厳しい?

    週刊朝日

    10/24

    代表引退を示唆 本田圭佑のビッグマウスも終焉か

    代表引退を示唆 本田圭佑のビッグマウスも終焉か

    週刊朝日

    7/3

  • サッカー五輪代表アジア大会決勝進出でも本田圭佑に待望論?

    サッカー五輪代表アジア大会決勝進出でも本田圭佑に待望論?

    週刊朝日

    8/30

    ケイスケホンダ代表入りに自信?西野監督とニアミスも接触せず

    ケイスケホンダ代表入りに自信?西野監督とニアミスも接触せず

    週刊朝日

    5/16

  • 「本田圭佑監督」黒星デビュー カンボジアで挑む真意

    「本田圭佑監督」黒星デビュー カンボジアで挑む真意

    週刊朝日

    9/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す