医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

2018/08/10 07:00

「がんが治ると言われたのに、再発した」「ステージIVと言われた。もうなすすべがない」。医師からのこうした言葉にショックを受けた、というがん患者の話をよく聞きます。しかし、言葉の意図を医師に確認すると「そんなことは言っていません」ということが多いのも事実です。患者の理解が不足する背景には、医師とのコミュニケーションが不十分で「がん用語」に対する誤解を是正できないことがあります。好評発売中の週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」では、がん患者や家族が誤解しがちな代表的ながん用語について、専門家に正しい意味を解説してもらっています。ここでは、「有効な治療法はない」について紹介します。

あわせて読みたい

  • 患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    患者が誤解しやすい「がん用語」を医師が解説 標準治療の正しい意味とは?

    週刊朝日

    8/8

    もし「余命◯カ月」と言われたら… 医師が教える「誤解しない」ために知っておきたいこと

    もし「余命◯カ月」と言われたら… 医師が教える「誤解しない」ために知っておきたいこと

    週刊朝日

    8/18

  • 「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    週刊朝日

    8/9

    「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    dot.

    2/26

  • 若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    dot.

    2/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す