西日本豪雨でわかった想定外の「全国の危ない住宅地」治水対策を歪めた安倍自民党 

安倍政権

2018/07/17 07:00

 死者・行方不明者200人を超えた西日本の豪雨。宴会に興じながらも「全力で取り組んできた」と強弁する安倍首相。だが、今回の被害は自民党利権で歪んだ治水対策のため、拡大した。実はがんになるより高い豪雨発生率。ハザードマップの限界も指摘される。自衛手段はあるのか……。

あわせて読みたい

  • 水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

    AERA

    7/7

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    AERA

    7/15

  • ゲリラ豪雨 時間雨量は何ミリからが危険? 目安の出し方

    ゲリラ豪雨 時間雨量は何ミリからが危険? 目安の出し方

    AERA

    8/5

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    AERA

    8/28

  • 「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    tenki.jp

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す