東京メトロで乗降客数が多い駅2位は大手町、1位は… 六本木一丁目が最も伸びた理由とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京メトロで乗降客数が多い駅2位は大手町、1位は… 六本木一丁目が最も伸びた理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
中川透週刊朝日#企業
東京メトロの銀座線の車両(撮影・中川透)

東京メトロの銀座線の車両(撮影・中川透)

東京メトロで乗降客が伸びた駅トップ20

東京メトロで乗降客が伸びた駅トップ20

 東京メトロで乗降客数が多い駅は池袋や大手町。では、2017年度の1年間で乗降客数が大きく伸びた駅はどこか。

 1位は前年比11.6%増の六本木一丁目、2位は9.3%増の永田町だった。都心で急速に進む再開発が、乗降客数の浮き沈みを映し出す。

【東京メトロで乗降客が伸びた駅トップ20 はこちら】

 東京メトロが6月まとめた2017年度の駅別乗降人員によると、最も多いのは池袋で1日平均56万8千人。2位は大手町33万9千人、3位は北千住29万2千人と続く(ほかの鉄道との直通連絡駅や共用駅を除く、以下同じ)。

 一方で、人数の多さでなく年間の伸び率でみると、トップは南北線の六本木一丁目(表参照)。17年度は前年比11.6%増と、東京メトロの駅の中で唯一のフタ桁増となった。3年前の14年度と比べると、30.4%も増えている。

 六本木一丁目付近は近年、再開発が急速に進む。住友不動産六本木グランドタワーが16年に完成し、同駅と直結している。テレビ東京などがこのビルに本社を移転したほか、貸し会議室「ベルサール」などの集客施設も入居。同じく駅直結の泉ガーデンタワーとともに、一体はオフィス・商業施設・高級マンションの集まる街へと変貌した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい