東京じゃない!? 年収ランキング3位は北海道の“村”だった (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京じゃない!? 年収ランキング3位は北海道の“村”だった

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日
北海道猿払村は国内最大のホタテの産地だ。(c)朝日新聞社

北海道猿払村は国内最大のホタテの産地だ。(c)朝日新聞社

  みなさん、高収入にあこがれませんか。年収1千万円もあれば人生もっと楽しいのに、と思う人もいるでしょう。実は全国の自治体には高収入の人が集中するところがあるんです。企業経営者が多い東京中心部から、意外な地方の農漁村まで、「勝ち組」が集まる街を紹介します。

【図表】勝ち組が集まる街はここだ!市区町村別・年収ランキングはこちら

 東京都港区にある2014年開業の虎ノ門ヒルズ。商業施設に加え住居部分もあり、家賃相場は月100万円前後になる超高級物件だ。この家賃でも住居部分はほぼ埋まっていて、高収入の「勝ち組」が集まる。森ビルは周辺の開発を続けていて、新たな高層マンションなどもできる予定だ。広報担当者はこう説明する。

「周辺では住宅もオフィスもまだ足りません。空室は少なく、ほとんど在庫がない状況です」

 こうした虎ノ門ヒルズのようなビルが、港区には複数ある。住民が全国的に見ていかに高収入なのかデータが示している。

 総務省が毎年発表する市町村税の課税状況で、住民1人あたりの年収(年間平均所得)がわかるのだ。

 2017年の港区の年収は1115万円。5年前と比較して23%増え、全国で唯一、1千万円を超えた。全国平均は334万円で3倍以上となっている。

 港区には企業の経営者が多い。東京商工リサーチの調査によると人口の約10人に1人は社長だ。23区では社長の割合は100人中3.81人にとどまる。港区役所税務課の担当者はこう答える。

「大企業が多く立地し、社長や役員ら高所得者が多く住んでいる。数億円もの年収がある人もいて、平均年収を引き上げている」

 東日本の上位で目立つのはやはり東京23区。トップの港区のほかにも、2位は千代田区944万円、4位は渋谷区801万円、5位は中央区634万円と続く。

 背景には郊外よりも利便性の高い中心部に住みたいという「都心回帰」がある。千代田、渋谷、中央、いずれの区でも人口は増加傾向だ。千代田区役所企画課の担当者はこう説明する。

「最近は交通が便利で、大きな病院もある都心を好む傾向が強い。ファミリー層や高齢者が郊外から戻ってきています」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい