二宮和也がかすむ? まるで“ワイドショー”な顔ぶれのドラマ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二宮和也がかすむ? まるで“ワイドショー”な顔ぶれのドラマ

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「ブラックペアン」(TBS系 日曜21:00~)をウォッチした。

【もしもニノがあのドクターだったら!?「ブラックペアン」のイラストはこちら】

*  *  *
「お前の退職金1千万で助けてやるよ」

 手術中にミスを犯した医師に大金を要求し、代わりに執刀する天才外科医・渡海(二宮和也)。「ドクターX~外科医・大門未知子~」との違いは、病院長ではなく直接医師本人に金を請求するところ?

 タイトルの「ブラックペアン」とは、渡海の上司・佐伯教授(内野聖陽)が手術中に使用するカーボン製の黒い鉗子のことだ。ブラックな笑みを浮かべる渡海とブラックなペアン。一体どういう因縁が……と思いきや、ドラマはここから怒涛の横文字祭りだ。

 まずはアメリカ帰りの医師・高階(小泉孝太郎)が持ち込んだ最新医療機器「スナイプ」。一見水鉄砲みたいだけど、シュッて差し込めばパッと僧帽弁の治療ができちゃう万能機器(←ものすごく雑な説明)。

 そんなスナイプの論文は、日本外科学会次期理事長の座をめぐる東城大教授・佐伯と帝華大教授・西崎(市川猿之助)の争いに大きな意味を持つ。それが「インパクトファクター」。

「すべてはインパクトファクター獲得のため」とか「西崎教授のインパクトファクターが1ポイント上回った」とか。学術誌の論文がどれだけ引用されたか、その医師の研究業績を数値化したものというけれど、あまりに軽々と連呼されるので、楽天ポイントとの違いがよくわからない。

 さらに「スナイプ」の次に出て来たのが、手術支援ロボット「ダーウィン」だって。神の手・渡海vs.横文字便利機器シリーズ。どっちにしても結局、手術中に血がブッシャー。「出血止まりません! もう限界です」てところで渡海登場、患者が助かる展開。最初から全部、渡海にまかせなさいよ。っていうか、渡海のセリフ量より、「インパクトファクター」出て来る回数の方がよっぽど多いから。

 医師たちの周囲で暗躍するのは、治験コーディネーター(加藤綾子)、医療ジャーナル誌編集長(加藤浩次)、厚労省職員(福澤朗)と、なぜか民放・朝のワイドショーみたいな顔ぶれ。ブラックめざましにブラックスッキリにブラックズームイン!!かい。こんな素人にブラックまかせて、インパクトがファクターするとでも思ってるのか。それよりも肝心のペアンはどこ行った? お客様の中にブラックなペアン、ペアン様はいらっしゃいませんかー?

週刊朝日 2018年6月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい