“キンプリ”ことKing & Prince「虜にしてみせます!」ついにデビュー、意気込みを明かす (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“キンプリ”ことKing & Prince「虜にしてみせます!」ついにデビュー、意気込みを明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵,太田サトル,伏見美雪週刊朝日
デビュー曲「シンデレラガール」が発売(※写真はイメージ)

デビュー曲「シンデレラガール」が発売(※写真はイメージ)

【プロフィール】
●岩橋玄樹(いわはし・げんき)
1996年生まれ、東京都出身。
【事務所入りのきっかけ】野球をやっていたけど強い学校には行けないとなったとき、「何か目立つことをしよう。やるからには大きな事務所で」と思って友達と応募。残念ながら友達は落ちてしまった。【目標とする先輩やグループ】A.B.C−Zの戸塚祥太君。男としてカッコイイです。彼は裏でも表でも漢です。【いいところ】「平和主義。グループで一回も言い合いになったことがないのは、玄樹君が中立で平和主義者だからだと思う。僕にとってもグループにとっても必要な存在」(高橋)

●神宮寺勇太(じんぐうじ・ゆうた)
1997年生まれ、千葉県出身。
【事務所入りのきっかけ】「みんなが経験できないことをしたい」と思って、中1のときに100円均一店で履歴書を買って応募。ワンコインから始まった夢が、何倍にもなった。【目標とする先輩やグループ】SMAPさん。誰から教わるわけでもなく、物心ついたときには知っていて、「世界に一つだけの花」とか歌えていた。それってすごいことだと思うから。【いいところ】「俺が熱くなりすぎているとき、そこを修正して冷静な判断をしてくれるのは神だと思ってる。感謝してます」(平野)

●岸 優太(きし・ゆうた)
1995年生まれ、埼玉県出身。
【事務所入りのきっかけ】中2の半ばごろ、おばが応募。やるからには受かりたいと必死に頑張った。【目標とする先輩やグループ】堂本光一君。「Endless SHOCK」でご一緒して、舞台に対する思いや優しい面を知った。カッコよくて惚れちゃいました。【いいところ】「愛されキャラ。愛すべきバカ。歌がうまい。ただ、フットワークが重い!」(永瀬)「僕は尻軽女が嫌いなんで、腰が重いです。いつまでも逃げようとする女性が好きです」(岸)「聞いてない(笑)。でも僕も追いかけたいタイプ」(永瀬)

高橋海人(たかはし・かいと)
1999年生まれ、神奈川県出身。
【事務所入りのきっかけ】親が勝手に応募。最初は嫌だったけど、ファンができて、ファンレターもらって、そのファンがどんどん増えて、コンサートとかで歓声をもらうようになったら、もうやめられない(笑)。中毒です(笑)。【目標とする先輩やグループ】NEWSの増田貴久君とSexy Zoneの中島健人君。タイプは違いますが、2人とも自分の意志を持っていて、それを人に伝え導いてる。【いいところ】「年下ならではのフレッシュな空気感。グループのキラキラ感を保ってくれている」(岩橋)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい