伊能忠敬に学べ! 定年後うつにならないための“脳の喜ばせ方”

シニア

2018/05/28 07:00

 人生100年時代を迎え、元気に動ける健康寿命、お金に困らない資産寿命を延ばすことが叫ばれている。定年前後になると、多くの人がより真剣に考えるテーマだろう。どんなことを意識すればよいか。精神科医の保坂隆氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 50歳で天文学者に弟子入り 伊能忠敬の子孫が語る“地図人生”秘話

    50歳で天文学者に弟子入り 伊能忠敬の子孫が語る“地図人生”秘話

    週刊朝日

    12/13

    団塊世代の熟年夫婦 仲良く過ごす秘訣は「名前で呼び合うこと」

    団塊世代の熟年夫婦 仲良く過ごす秘訣は「名前で呼び合うこと」

    dot.

    11/29

  • 5月16日は旅の日!松尾芭蕉のように歩き旅を楽しもう

    5月16日は旅の日!松尾芭蕉のように歩き旅を楽しもう

    tenki.jp

    5/16

    立川志の輔、自身の落語が原作の映画「大河への道」 「恥ずかしいくらい泣いた」と森下佳子との対談で明かす

    立川志の輔、自身の落語が原作の映画「大河への道」 「恥ずかしいくらい泣いた」と森下佳子との対談で明かす

    AERA

    5/21

  • 「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

    「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

    週刊朝日

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す