被害者への謝罪を却下した内田監督の卑劣 日大加害選手の“懺悔”会見全文(上) (3/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

被害者への謝罪を却下した内田監督の卑劣 日大加害選手の“懺悔”会見全文(上)

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#日大
記者会見で反則行為に至るまでの経緯を説明した日大アメフト部の宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)

記者会見で反則行為に至るまでの経緯を説明した日大アメフト部の宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)

多数のメディアに囲まれながら、新事実を話す宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)

多数のメディアに囲まれながら、新事実を話す宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)

■被害者に謝罪したいと伝えたが、内田監督に却下された

 この5月11日は、いわば監督と会う2回目でした。この時、本人とご両親は監督に対して、個人として直接謝罪をしたいと申し上げたのですが、監督からはそれは止められました。具体的な話は後で本人が申し上げます。この時、事実関係について監督からもコーチからも質問は一切ありませんでした。「なぜ、君はああいうことをやったのか」という理由の説明を求められたことは一切ありません。あえて言えば、今まで一度として、部の上の方から求められたことがありません。

 5月12日、本人とコーチが関学に謝罪に参りましたけれども「申し入れ文書に対する回答がない限りは謝罪は受けられない」と言って断れています。

 5月14日月曜日ですが、本人と父がOBから呼び出されて、日大のある校舎に参りました。この時、呼び出されてお話をしたのですが、その後、学生連盟の規律委員会から事情を聞きたいという申し出がありまして、そこに本人とお父さんが伺いました。ここで規律委員会には、これから本人が申し上げる事実の経過をかなり詳しくお話しています。事実経過についてお話をしたのは、この5月14日の19時以降が最初でございます。

 5月15日になって、お父さんが私の所に相談にお見えになりました。私が関与したのはこの時が初めてです。お父さんがお見えになったのは、5月15日に、関学大の申し入れ書に対する日大の側の回答書が出た。これを受けて、お父さんとしては、個別にでも謝罪をしたいんだけれども、それが認められていない。それから事実について報道をみる限りは、監督・コーチからの指示があったということは否定されている。あまつさえ、本人が指示がなかったと否定しているというような報道さえありました。そういうのをご覧になって、このままでは事実が明らかにならない、本人が勝手に突っ込んでケガをさせたことになってしまうということと、謝罪そのものが認められないのは納得がいかないということで、この二つを主として早めに実現したいということで、私の所に相談にお見えになりました。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい