ファストパスは何から取る? 達人に聞くディズニーランド攻略法 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ファストパスは何から取る? 達人に聞くディズニーランド攻略法

このエントリーをはてなブックマークに追加
伏見美雪週刊朝日

35周年を記念する新しいデイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」。ミッキーマウスとプルートが乗る華やかなフロートでスタート(撮影/写真部・東川哲也、モデル/二宮郁)(c)Disney

35周年を記念する新しいデイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」。ミッキーマウスとプルートが乗る華やかなフロートでスタート(撮影/写真部・東川哲也、モデル/二宮郁)(c)Disney

 今年4月15日で開業35周年を迎え、盛り上がっている東京ディズニーリゾート。孫や子どもが興味を持つ年になったので、GWや夏休みに久しぶりに行きたい、というみなさんのために、毎日のように通っている“達人”、吉田よしかさんに東京ディズニーランドを満喫するための極意を教えてもらった。

【初&再 達人に教わる! 東京ディズニーランド デビューガイド】

◆新パレード「ドリーミング・アップ!」

35周年を記念して始まった新パレードは見どころがたっぷり。「おすすめの観賞場所はトゥーンタウン。片側が壁になっていてキャラクターが背中を向けることがないためとても見やすく、写真もたくさん撮れますよ。見どころはピーターパンとウェンディが空を飛ぶ場面。35年間で初めての試み!」(吉田さん)

◆ハピエストミッキースポット

各エリアにちなんだコスチュームを着た、ゴールドのミッキーマウス像がパークのあちこちに(4月現在はランドとシーに各10体。今後合わせて35体まで増える予定)。「ハピエストメモリーメーカー」(2300円)を近づけると、ミッキーマウスや仲間たちの声を聞くことができて楽しい。

◆花火「ブランニュードリーム」

35周年のテーマソングに合わせて空を彩る花火。「花火はスプラッシュ・マウンテンの裏手から上がるので、シンデレラ城と一緒に見たいなら城の真正面ではなく、トゥモローランドへ向かう通路沿いが狙い目。大きな花火をゆっくり楽しむなら、トゥーンタウンのロジャーラビットのカートゥーンスピン前が穴場。さらなる穴場はエントランスの花壇前。人が少ないので独り占め感があるし、花火が終わったらすぐ帰れます」(吉田さん)

◆ポップコーンバケットほかグッズも35周年バージョン

記念の「ポップコーン、バケット付き」3200円、ミニスナックケース付きのグミキャンディーとカラフルチョコレート各800円、スーベニアケース付きのスウィーツトッピング各500円など。

◆スペシャルメニューもたくさん!

35周年スペシャルメニューも多数登場。記念に持ち帰りたいスーベニアカップやスーベニアプレートのついた、トゥモローランド・テラスのデザート各750円。キャプテンフックス・ギャレーにはリニューアルアトラクションにちなんだピッツァ・スモールワールド(パンチェッタ&サラミ)とドリンクのスペシャルセット760円が。セットにプラス900円でスーベニアランチケースもつけられる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加