何歳からでも「脳」は進化する? 専門医が教える「認知症にならない」生活

ヘルス

2018/05/08 07:00

 認知症と聞くと「特効薬がない」「不治の病で怖い」「周りに迷惑をかけるのだけは、いや」といった、ネガティブな考えばかり浮かぶ人が多いのではないでしょうか。週刊朝日増刊「ハレやか」4月号では、国立長寿医療研修センター長の遠藤英俊医師に取材し、認知症は、自分の心持ち一つで発病を遅らせたり、進行を遅らせたりできる病気だということが分かりました。情報に惑わされて一方的に怖がらずに理解し、毎日の生活を変えていきましょう!

あわせて読みたい

  • こんな生活は認知症予備軍のサイン! セルフチェックで判明

    こんな生活は認知症予備軍のサイン! セルフチェックで判明

    週刊朝日

    5/7

    「スマホ認知症」知的職業経験者が危ないワケ

    「スマホ認知症」知的職業経験者が危ないワケ

    週刊朝日

    3/26

  • 「もの忘れ」と「認知症」の境界線は○○ これを忘れるとヤバい…

    「もの忘れ」と「認知症」の境界線は○○ これを忘れるとヤバい…

    週刊朝日

    8/3

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

  • 「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    週刊朝日

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す