大下英治「自民党で小泉進次郎派が膨張 “安倍下し”のキーマンになる」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大下英治「自民党で小泉進次郎派が膨張 “安倍下し”のキーマンになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
小泉進次郎氏(右)(撮影/横田一)

小泉進次郎氏(右)(撮影/横田一)

作家・大下英治氏 (c)朝日新聞社

作家・大下英治氏 (c)朝日新聞社

 一連の森友事件で9月に総裁選を控える自民党の政局が “混沌”としてきた。4月2日付の読売新聞の世論調査で次の自民党総裁にふさわしい人物のトップに安倍晋三総理を抜いて小泉進次郎氏が躍り出たのだ。ジャーナリストの大下英治氏が総裁選の行方を大胆予測した。

【写真】作家・大下英治氏はこちら

*  *  *
 今年秋に予定される総裁選で、3選をめざす安倍晋三総理が一番怖いのは岸田文雄政調会長だろう。

 これまでは安倍一強で、本来は秋に予定される自民党総裁選挙で安倍総理が3選して政権を作り、2021年の総裁選で、岸田氏に禅譲するというシナリオだった。それを番狂わせにしたのが、森友学園絡みの決算文書改ざん事件だ。

 来年は参院選と統一地方選がある。安倍内閣の支持率が低下し、30%を切ると危険ゾーンに入る。自民党内で安倍では戦えないという「安倍下ろし」の動きが強まる。

 大阪地検特捜部が捜査する森友学園事件の進展如何で、もしかしたら、安倍総理が3選に出ないというかもしれないし、出ても、勝てるとは限らない。

 安倍総理を推すのは、二階派の約44数人と、安倍総理の所属する細田派94人、それに麻生派59人。

 先日、二階幹事長と2人でだけ数時間会っていた。二階氏は「安倍の次は安倍」という言葉をひるがえさなかった。

 もともと、麻生太郎副総理兼財務相と岸田氏の関係は近しいものがある。麻生派、岸田派はともに宏池会の流れをくむ。大宏池会構想が取り沙汰された時期もある。

 森友事件がなければ、安倍総理、石破茂元幹事長、野田聖子総務相の3人が総裁選を戦うところだった。岸田氏がこれまでのシナリオ通りに9月の総裁選に出馬しなければ、岸田氏の存在感はいっそう薄くなる。安倍総理の力が弱まったのに、なお安倍総理の禅譲を待っても意味がない。岸田氏は出馬して戦わざるをえなくなるのではないか。

 4月2日付の読売新聞で発表された次の自民党総裁に誰がふさわしいと思うかという世論調査(3月31日~4月1日)のトップは、小泉進次郎氏(30%)、次いで安倍総理(26%)、石破茂氏(22%)、岸田氏(5%)、野田聖子氏(3%)という順位。岸田氏の存在感は薄い。

 森友事件で捜査が展開し、麻生氏が詰め腹を切らされると、総裁選の地図はがらっと変わってくる。

 安倍総理は麻生氏を切るかわりに、内閣改造をして、麻生氏を外そうとするかもしれない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい