「疑似恋愛」は「アルサロ」がルーツ? 素人女性の“手作り接待”がウリ (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「疑似恋愛」は「アルサロ」がルーツ? 素人女性の“手作り接待”がウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
クリスマスイブの夜、大阪のアルサロやキャバレー、ダンスホールはどこも満員のにぎわいを見せた=1954年12月24日

クリスマスイブの夜、大阪のアルサロやキャバレー、ダンスホールはどこも満員のにぎわいを見せた=1954年12月24日

大阪・梅田には、皇太子さま(当時)と美智子さまのご成婚を祝う飾り付けを施したアルサロも登場した=1959年4月

大阪・梅田には、皇太子さま(当時)と美智子さまのご成婚を祝う飾り付けを施したアルサロも登場した=1959年4月

東京・銀座の並木通りは夜ともなれば客待ちのタクシーで大渋滞=1973年7月

東京・銀座の並木通りは夜ともなれば客待ちのタクシーで大渋滞=1973年7月

 社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一が、正統な歴史書に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。今回は「アルサロ」。レッドパージ、朝鮮特需……。アルバイトサロンの第1号店は1950年に大阪・ミナミでオープンした。ホステスは女子学生やOL、主婦ら。「疑似恋愛」を求める男性客たちがこぞって来店した。関東にも伝播し、一大ブームを巻き起こした。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 スナックにしろ大衆キャバレーにしろ高級クラブにしろキャバクラにしろ、その魅力は「疑似恋愛」にあるのかもしれない。「あ~ら、○○さん。久しぶり。会いたかったわあ」。ホステスからそう言われれば、ウソでもうれしいものだ。

 同伴やアフターの誘いをひそかに期待している男性もいるだろう。店外デートを繰り返すうちに「今夜こそ、もしかしたら……」。ついつい、よからぬ思いを抱いてしまう。

 だがくれぐれもご用心。遊びとは、一線を越えないからこそ遊び。そのあたりのさじ加減を間違えると大変なことになる。

 今回は「疑似恋愛」のルーツともいえるアルバイトサロン、略してアルサロの話である。「素人の手作り接待」を掲げ、昭和25(1950)年、大阪の盛り場ミナミの千日前に開店したアルサロ第1号「ユメノクニ」について語ろう。

 キャバレー太郎ことキャバレー「ハリウッド」の会長で実業家の福富太郎さんの著書『昭和キャバレー秘史』によると、ユメノクニは女子学生やOL、主婦など素人女性を保証給(日給200円)で採用していた。ビール200円、つきだし100円。サービス料20%がかかり、計360円が基本料金だった。指名料は200円。指名料の半分はホステスの取り分だったそうである。

 国家公務員の初任給は当時4223円だった。高いのか安いのかよく分からないが、店の前に飾られた看板の宣伝文句が目を引く。当時の写真を見ると、こんな言葉が書いてある。

「来る日も来る日も/会社と家の往復/その中間に/ユメノクニがある/あすの為に今日がある/はたらく為に/レジャーがある/あなたの為に/ユメノクニがある」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい