日本初のインド料理店「ナイルレストラン」経営者家族の波乱万丈人生 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本初のインド料理店「ナイルレストラン」経営者家族の波乱万丈人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
G.M.ナイル(左)/フルネームはゴパーレン・マダワン・ナイル。1944 年、茨城県生まれ。大学卒業後、両親が開いた日本初のインド料理店「ナイルレストラン」を引き継ぐ。明るいキャラクターでタレントとしても活躍。テレビやラジオのバラエティー番組にも多数出演。大の警察好きとしても知られ、都内に警察資料館を持っている。69年続くナイルレストランの看板メニュー「ムルギーランチ」は、母のレシピを継承する味。満子ナイル(みつこ・ナイル)/1944 年、東京都生まれ。高校卒業後は大手商事会社に勤務。結婚当時はアメリカ系企業に勤めていたが、夫と共にナイルレストランを切り盛りするために退職。当時、小指を立てて「私はコレで会社を辞めました」というコピーがはやっており、送別会で親指を立てて「私はコレで会社を辞めます」と言って大ウケしたとか。現在は千葉県鋸南町のNPO法人「猫達の幸せを守る会」で保護猫活動もしている。(撮影/遠崎智宏)

G.M.ナイル(左)/フルネームはゴパーレン・マダワン・ナイル。1944 年、茨城県生まれ。大学卒業後、両親が開いた日本初のインド料理店「ナイルレストラン」を引き継ぐ。明るいキャラクターでタレントとしても活躍。テレビやラジオのバラエティー番組にも多数出演。大の警察好きとしても知られ、都内に警察資料館を持っている。69年続くナイルレストランの看板メニュー「ムルギーランチ」は、母のレシピを継承する味。
満子ナイル(みつこ・ナイル)/1944 年、東京都生まれ。高校卒業後は大手商事会社に勤務。結婚当時はアメリカ系企業に勤めていたが、夫と共にナイルレストランを切り盛りするために退職。当時、小指を立てて「私はコレで会社を辞めました」というコピーがはやっており、送別会で親指を立てて「私はコレで会社を辞めます」と言って大ウケしたとか。現在は千葉県鋸南町のNPO法人「猫達の幸せを守る会」で保護猫活動もしている。(撮影/遠崎智宏)

妻:昭和24年。日本にまだスパイスらしいスパイスなんてなかったころね。

夫:カレーの中にベイリーフ(ローリエ)が入ってると、お客さんから「おい、ごみが入ってるぞ!」って言われたらしい。

妻:お母さん、お店が繁盛するようになったら、さっさとお父さんに経営を引き継いだのよね。

夫:そこがすごいところだよね。女が前に出ちゃだめだって。時代だよね。でも「お父さんがカレー屋になるなんて知ってたら、結婚しなかった。革命の闘士だから一緒になったのに」って、よく笑ってたよ。

妻:お母さん、カレーは誰に習ったの?

夫:二人が満州で所帯を持ったとき、近くにインド人のご夫婦がいたんだよ。

妻:その話、私も聞いたわ。お義父さんたちはすごくかわいがられたって。

夫:そこの奥さんがインド料理を教えてくださった。おふくろのレシピは、今もメニューに生きてますよ。

――出会いは10代。若者が集う、趣味のサークルだった。見るからに外国人の夫に、妻は英会話を教えてほしいと頼んだのだが……。

妻:それが間違いの始まりよ! おかげで私の英語アレルギーはひどくなった。ひどい英語なんだもの。

夫:だって、英語を使う生活なんてしてなかったもの。それでもちゃんと通じるんだからいいじゃない。

妻:この通り、社交的な人ですからね。コミュニケーション能力は高いから、どうにか通じちゃう。あなたのは英語力じゃないのよ。

夫:初めて(妻に)会ったときは、驚きましたね。こんなにかわいい人がこの世にはいるもんなのかと。

妻:大げさな。それより、覚えてる? 私があなたに、ピザをごちそうしたの。

夫:そうだ! そうだった! 新宿だったっけ。

妻:「チボリ」っていう、おしゃれなお店でした。当時ピザを出すところなんてほとんどなくて。

夫:お返しにすき焼きをごちそうしたよね。浅草の「ちんや」のお座敷だった。

妻:今思うと、10代のするデートじゃないわね(笑)。だいたい、この人の家がすごかったんですよ。文京区の白山で。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい