まい泉は「ヒレかつサンド」だけじゃない! 現場の空気まで良くするミニバーガーとは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まい泉は「ヒレかつサンド」だけじゃない! 現場の空気まで良くするミニバーガーとは

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#グルメ#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

ミニバーガーは全6種類。中でも、「ミニメンチかつバーガー」、スケトウダラのフィッシュかつにタルタルソースを合わせた「ミニフィッシュかつバーガー」、ゴマバンズにやわらかなヒレかつとオリジナルのソースが三位一体となった「ミニヒレかつバーガー」が人気だという。全国の主要百貨店や駅ビルのまい泉販売店で購入できる。140~230円(税抜き)

ミニバーガーは全6種類。中でも、「ミニメンチかつバーガー」、スケトウダラのフィッシュかつにタルタルソースを合わせた「ミニフィッシュかつバーガー」、ゴマバンズにやわらかなヒレかつとオリジナルのソースが三位一体となった「ミニヒレかつバーガー」が人気だという。全国の主要百貨店や駅ビルのまい泉販売店で購入できる。140~230円(税抜き)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、『まい泉』の「ミニバーガーシリーズ」について。

【全6種類!タレントたちにも人気のミニバーガーはこちら】

*  *  *
 ヒレかつや海老フライが詰まったお弁当も人気だが、「毎回でも飽きない」し、「この箱を前室に積み上げている番組は気が利いていると思う」などとタレントたちが楽屋に必ず持ち帰るのが『まい泉』の「ヒレかつサンド」だ。

 おなじみの「箸で切れる」ヒレかつと、ソースとパンの「すべてが主役」という同品は、ここ数年続いている“かつサンドブーム”の火付け役的存在でもある。

 ポピュラーなのは3切れ入り。まずは1切れだけつまんで、また次の休憩に残りを食べたとしても瑞々しいままというのも嬉しい。

 そんな「ヒレかつサンド」の姉妹品とでもいえばいいだろうか。番組制作チームよりも宣伝チームの女性スタッフがよく利用しているのが『まい泉』の「ミニバーガー」シリーズだ。

 私が存在を知ったのは、16年前、「旅の香り 時の遊び」(テレビ朝日系)の初回収録時のこと。「私は宣伝部にいたことがあるので、記者さんたちをお待たせしてしまうのが本当に気がかりで」と言いながら「ミニヒレかつバーガー」を一個、一個、手渡ししていた人こそ、同局の名物プロデューサーの一人であり、“気遣いの人”としても有名な西河喜美子さんだ。「え?これも『まい泉』?」と、記者らから驚きの声が上がり、あとは「美味しい、美味しい」と大好評だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい