室井佑月「同化すっか」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「同化すっか」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

(c)小田原ドラゴン

(c)小田原ドラゴン

 この安倍首相発言って大変なもんじゃん。これまでの日本を否定し、やられる前にやるってことを肯定しているんだもん。

 日本の在り方が変わるって話だよ。ニュースにならないけどね。平昌オリンピック一色で。

 それでもって、政権支持率はここに来てじわじわと上がっているものもあるんでしょう?

 権力の私物化が露(あらわ)になって、日本の在り方が書かれている憲法を蔑(ないがし)ろにして、格差を広げて国民の生活をぶっ壊している政権なのに。

 国民みんながそれでいいなら、いいのかね? たぶんそうなる。

 世の中が盛り上がっている最中、辛気くさいこというと嫌われるしな。

 あたしもちゃんと世の中に同化しなくちゃ。村八分にされそう。

週刊朝日 2018年3月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい