“小池失速”でホッとした男性議員は多い? 三原じゅん子が本音 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“小池失速”でホッとした男性議員は多い? 三原じゅん子が本音

このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉耕平週刊朝日
三原じゅん子(みはら・じゅんこ)/自民党 参院議員(2期目)1964年生まれ。元女優。44歳で子宮頸がんを患った経験から政治家に。2010年の参院選比例区で初当選。16年夏に神奈川選挙区で再選。社会保障政策にも関心が強い。16年に結婚(撮影/写真部・大野洋介)

三原じゅん子(みはら・じゅんこ)/自民党 参院議員(2期目)1964年生まれ。元女優。44歳で子宮頸がんを患った経験から政治家に。2010年の参院選比例区で初当選。16年夏に神奈川選挙区で再選。社会保障政策にも関心が強い。16年に結婚(撮影/写真部・大野洋介)

野田:変わったんだよ。これまでは比例区で不特定多数から票を集めなければいけないつらさがあったけれど、今度は選挙区でしっかり勝ったから。

三原:そうですね。ただ、本当に今、戦いだなと思います。自民党の中でも。

野田:これからですよ。ところで今、地方議会ではなり手不足が問題になっていますが、そこに女性という視点が出てこないのが気になっています。最近、相談を受けたときも「男性になり手がなければ、女性はどうですか」と聞くと、「考えたことがなかった」と。発想自体がないんですね。

西村:私も新潟県議会議員をやりましたが、地方議員でも少ないんですよ、女性議員。

森:私は西村さんと同じ99年の統一地方選で、横越町(現・新潟市)の町議に初当選しました。当時は村から町になったのに女性議員が一人もおらず、それでは恥ずかしいという町長の意を受けて、当時の議長が出馬を頼みに来ました。

西村:地方議会でも、主要政党では自民党の女性議員比率が最も低いですね。

三原:そのとおりです。悲しくなるくらいです。

高木:女性議員がいない自治体もかなりあって、今でも町村議会の3割が女性不在です。

野田:地方議会という一番生活に密着しているところが抜けている。国会だけ変えるのも変ですよね。

森:(野田氏に向けて唐突に)総理になれば? やっぱり、女性の総理が誕生すれば、一気に変わりますよ。

西村:すごく風景が変わりますよね。

野田:いやいや……簡単におっしゃいますけれど。私もそう思っているけれど、思っただけではできないのが権力闘争の世界というものなんですよ。

編集部:野田さんは15年の総裁選では官邸の切り崩しもあって推薦人20人を集められなかったと言われていますが、今回は菅義偉官房長官が会見で「出馬するしないは本人の自由だ」と発言しています。出馬の“お墨付き”が出たということでしょうか。

野田:出たんですよ。良いことか、悪いことかわかりませんけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい