石川遼が最年少選手会長に…丸山茂樹が思うこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼が最年少選手会長に…丸山茂樹が思うこと

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

今年はてっちゃんの試合、見にいかなきゃな(c)朝日新聞社

今年はてっちゃんの試合、見にいかなきゃな(c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、年明けに亡くなった星野仙一氏との思い出やジャパンゴルフツアーの選手会長になった石川遼選手へのアドバイスを語る。

【写真】マルちゃんが応援するアメフトの西村豪哲選手

*  *  *
 年始早々のショックな知らせでした。みなさんご存じの通り、ずっと野球界を引っ張ってきた星野仙一さんが亡くなられました。70歳でした。

 ゴルフ界ではジャンボこと尾崎将司さんが星野さん、山本浩二さん、田淵幸一さんたちと同学年でね。ちょくちょく集まっていらっしゃいました。星野さんに会うといつも「おお、マル」と言っていただいて。僕は「監督」って呼ばせてもらってました。

 いつだったか、僕がマスターズに出たとき、テレビ番組のスペシャルゲストでオーガスタまで来られたことがあったんです。それで試合前の番組を一緒にやりました。そのときに、いろんなお話をさせてもらいました。カメラが回ってないタイミングで、「スポーツ選手にとって、現役って言葉が最高やぞ」と言ってくださったんです。なるべく長く現役をやれ、と。あの言葉が頭から離れたことはないです。僕はもうセミリタイアみたいなもんですけど、自分がどんなにつらくても「引退」という言葉を口にするのはね……。監督の言葉が頭にありますから。とにかく熱い語りをする方でした。

 ほんと、寂しいですね。最近はどんどんどんどん、自分が若いころに声をかけてくれた人たちがそういうことになっていくんだなというね。これは人の定めだとしても、寂しいですね。心からご冥福をお祈りいたします。監督、おつかれさまでした。

 さて、ゴルフ界では新しい動きがありました。ジャパンゴルフツアーの選手会長に、1月5日付で石川遼が就任しました。26歳と110日での就任は最年少だそうです。今年は日本に腰を据えてやると宣言しましたからね。会長の役割が重荷になることもあるでしょうけど、なんとか両立できるように頑張ってほしいですね。僕もサポートできることはしますし、青木功会長(75)と力を合わせてやっていってほしいですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい