津田大介「世論調査が示すヘイトスピーチの拡大」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「世論調査が示すヘイトスピーチの拡大」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

ヘイトスピーチのデモに対し、プラカードを掲げて座り込む人たち=2016年(c)朝日新聞社

ヘイトスピーチのデモに対し、プラカードを掲げて座り込む人たち=2016年(c)朝日新聞社

 デモのような現実世界だけではなく、インターネット上でのヘイトスピーチへの対応も喫緊の課題だ。

「インターネットによる人権侵害」に関する設問では、「他人を誹謗(ひぼう)中傷する情報が掲載されること」(62.9%)、「他人に差別をしようとする気持ちを起こさせたり、それを助長するような情報が掲載されること」(39.6%)が上位に挙げられている。「他人を誹謗中傷する情報」のすべてではないにしても、そのなかにヘイトスピーチは少なからず含まれている。「差別の扇動や助長」を問題視する回答も、2007年調査の25.7%から14ポイントも増加している。

 拡大するヘイトスピーチに歯止めをかけるべく、2016年6月には「ヘイトスピーチ対策法」が施行されたが、国や自治体の努力義務を定めた理念法だったこともあり、当初から実効性の乏しさが指摘されていた。ヘイトデモについては、自治体が主催団体の施設利用を拒否したり、裁判所が禁止の仮処分決定をしたりする動きはあったが、インターネットのツイッターやまとめサイトなどでは、依然としてヘイトスピーチが後を絶たず、その多くが放置されたままだ。

 今回の世論調査は深刻な日本の実態を示しており、客観的な数値で同法のネット上でのヘイトスピーチ抑止効果が乏しいことが明らかになっている。

 2018年は、さまざまなデータを検証し、ツイッターやヤフー、LINEなど、ヘイトの温床となっているプラットフォーム事業者を交え、蔓延(まんえん)するヘイトに歯止めをかける実効策を始める年にしなければいけない。

週刊朝日 2017年12月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい