田原総一朗「トランプの『エルサレム首都宣言』に困惑する安倍首相」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「トランプの『エルサレム首都宣言』に困惑する安倍首相」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗「トランプの『エルサレム首都宣言』に困惑する安倍首相」(※写真はイメージ)

田原総一朗「トランプの『エルサレム首都宣言』に困惑する安倍首相」(※写真はイメージ)

 米・トランプ大統領による突然の「エルサレム首都」発言。ジャーナリストの田原総一朗氏はその背景と今後の世界情勢について、こう読み解く。

*  *  *
 危険極まりない表明だ。トランプ米大統領が6日午後(日本時間7日未明)にエルサレムをイスラエルの首都と承認し、テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転する手続きを始めることを明らかにした。

 なぜいま、アラブとイスラエルの歴史的対立を際立たせるようなことをするのか。ユダヤ、キリスト、イスラムの3宗教の聖地があるエルサレムは、1947年の国連総会パレスチナ分割決議で「国際管理地」とされた。80年代にイスラエルがエルサレムを「不可分の首都」としたときも、国連安保理はその宣言を無効として撤回を求める決議を採択した。90年代から米国を主な仲介役として始まった中東和平交渉では、エルサレムの最終的地位を当事者の協議によって決めることになった。

 実は、米国では95年に米大使館の移転法案が可決されたのだが、歴代大統領は安全保障上の理由で移転を先送りにしてきたのだ。それは同盟国イスラエルへの配慮と米国の国際的責任を両立させる知恵とも言えた。それを、トランプ氏は一変させたわけだ。

 トランプ氏の意思決定の背景には、娘婿でユダヤ教徒のクシュナー氏の存在があるのではないかという見方もあるが、実はクシュナー氏は大使館移転に慎重で、マティス国防長官、ティラーソン国務長官など政府内部にも慎重論が多かったようだ。だが、昨年の大統領選でトランプ氏を強く支持したのはキリスト教右派や親イスラエル勢力で、現在、内政面でも外交面でも主要な成果を上げられていないトランプ氏の、支持者に向けた得点稼ぎだという見方が強い。

 当然ながら、パレスチナ自治政府のアッバス議長は、「米国の決議は和平プロセスを損なうだけでなく、地域を不安定化させ、戦争へと導く行為だ」と、トランプ大統領の表明を激しく非難し、現に大規模なデモが起きている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい