ミッチーこと及川光博さんが明かす、スター・ウォーズ愛と最新作「最後のジェダイ」展開予測! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッチーこと及川光博さんが明かす、スター・ウォーズ愛と最新作「最後のジェダイ」展開予測!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「スター・ウォーズ」の熱狂的なファンを自認する及川光博さん

「スター・ウォーズ」の熱狂的なファンを自認する及川光博さん

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 世界に衝撃を与えた最初の「スター・ウォーズ」から40年。

 12月15日に、シリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されるのを目前に、12日発売の「週刊朝日」12月22日号では特集を展開。表紙をルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルさん、R2-D2、C-3POが飾っている。

 同号で、熱狂的なファンを自認するミッチーこと及川光博さんが、作品との衝撃的な出会いから最愛のキャラクター、そしていまだ謎に包まれたままの「最後のジェダイ」の展開予測を明かした。

【写真特集】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」記者会見の様子を紹介!

*  *  *
 最初に「スター・ウォーズ」を観たのは、小学校3年生の夏、8歳でした。エピソード4です。もちろんそのときは“4”だとは思っていませんでしたが(笑)。

 兄と一緒に、初めて渋谷の映画館に行きました。渋谷駅の人の多さに驚きましたね。ちょっと恐いくらいでした。洋画を字幕で観るのも初めて。なんだか大人になった気分でした。

 鑑賞後はもちろん大興奮! 家に帰って兄と飽きるまで“スター・ウォーズごっこ”です(笑)。

 宇宙空間でのドッグファイト、ユニークなドロイドたち、ライトセーバーという武器……ロボットアニメが生きがいだった昭和の小学生にとって、「スター・ウォーズ」は夢そのものでした。ジョン・ウィリアムズの音楽も圧倒的で素晴らしかった! 今でもテーマ曲を聴くだけで自動的に心が躍ります。

 あれから40年……ずっとファンでいる自分を誇りに思います。たまに熱弁をふるいすぎて白い目で見られますが(笑)。

 エピソード1~7において、最も印象に残っているシーンは、やはり5「帝国の逆襲」のラスト、ダース・ベイダーがルークに父親であることを告げるシーン。これは誰もが衝撃を受けたと思います。

 またラブロマンスの要素も大事だと思っているので、エピソード2「クローンの攻撃」のクライマックスが好き。捕らわれたアナキンとパドメが処刑場に運ばれる際、死を覚悟して愛を告白しキスをするんです。そのシルエットの美しさと言ったら!! その後に続くジェダイの騎士大集合の戦いも鳥肌もののカッコよさで。ともあれ禁じられたジェダイの恋は、後にアナキンが暗黒面に墜ちる予兆としても重要なシーンだと思います。またパドメを演じるナタリー・ポートマンの美しさにも魅かれました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   スター・ウォーズ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加