カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日野淳週刊朝日
カンニング竹山(かんにんぐ・たけやま)(右)/1971年生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3 本のレギュラーを持つあべけん太(あべ・けんた)(左)/1987年生まれ。生後すぐにダウン症候群だと診断された。会社で働くかたわら、「ダウン症のイケメン」と自称してタレントとして活動中。著書は『今日も一日、楽しかった 』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山(かんにんぐ・たけやま)(右)/1971年生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3 本のレギュラーを持つ
あべけん太(あべ・けんた)(左)/1987年生まれ。生後すぐにダウン症候群だと診断された。会社で働くかたわら、「ダウン症のイケメン」と自称してタレントとして活動中。著書は『今日も一日、楽しかった 』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小原雄輝)

今日も一日、楽しかった

あべけん太著

978-4022514844

amazonamazon.co.jp

竹山 いろんな人としゃべることも大事ですよ。仕事関係や自分が好きな人だけじゃなくて、いろんな人にしゃべりかけてみる。恥ずかしいかもしれないけど、まず人に馴れないといけない。

あべ やってみます。

竹山 あとは飛んだり噛んだりした時に、それをどうネタにするかじゃないですかね。たとえばすごくぶっちゃけて、「ダウン症だから忘れちゃうんです」って言ってしまうとかね。

あべ なるほど。

竹山 障害は個性の一つだから利用していいんですよ。

あべ そうですよね。ダウン症があることも含めて、僕のいいところだと思っています。

竹山 そうそう。ただね、生き切らないといけないと思うの。

あべ 生き切る、ですか。

竹山 ダウン症を利用していくとだいたいの人は初め、笑っていいのかわからなくて引いちゃうと思うんです。それはある意味で仕方ないとして、その時どうするかが大事で。けん太君はもっと前に行って、もっと押してやる。そうするとみんなもう後ろに引けなくなるから笑うしかないって状態になるんです。振り切って、この人やりすぎじゃないのというところまで行ったらいいと思います。

■ダウン症があっても堂々と楽しく生きてるのいい――竹山

あべ 僕の目標は世界中を笑顔にすることなんです。

竹山 おお、いいね。どうやって笑顔にしようか。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい