麻実れい、舞台生活45年で初の“普通の母親”役「地の私にとても近い」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

麻実れい、舞台生活45年で初の“普通の母親”役「地の私にとても近い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
1950年生まれ。東京都出身。70年宝塚歌劇団入団。雪組の男役トップスターとして活躍。85年退団後、舞台を中心に活躍。2011 年「冬のライオン」「おそるべき親たち」で第18回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞(撮影/岡田晃奈)

1950年生まれ。東京都出身。70年宝塚歌劇団入団。雪組の男役トップスターとして活躍。85年退団後、舞台を中心に活躍。2011 年「冬のライオン」「おそるべき親たち」で第18回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞(撮影/岡田晃奈)

 比類なき優雅な存在感――。1985年に宝塚を退団後、舞台で翻訳劇を中心に活躍し、今年は第42回菊田一夫演劇賞の大賞を受賞した麻実れいさん。

「とくに宝塚を退団して最初の10年は、王妃だったり貴族だったり、普段の私とはかけ離れた役をいただくことが多かったんです。もちろん、知らない世界だからこそ、想像力を膨らませて、役の内面に飛んでいける面白さもある。でも、私は下町の生まれで、井上ひさしさんの作品に出てくる女性たちにとても共感していましたし、憧れもありました。それで、井上さんにお会いするたびに、『私はモンペも似合います!』とアピールしていたら、いただいたのはハーフの役でした(苦笑)」

 一方で、「アル中、ヤク中、ニコチン中毒、認知症。病は一通り演じてきました」というように重いテーマの作品に出演することも多いが、映画「月はどっちに出ている」や「愛を乞うひと」の脚本を担当した鄭義信(チョンウイシン)さんが作・演出を手がける舞台「すべての四月のために」では、第2次世界大戦下の朝鮮半島近くの小島に暮らす、ごく普通の母親役。「この役は、普段の、地の私にとても近い。鄭さんに見抜かれているのかもしれません」と話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい