テレビ業界の必須ヘアアイテム!? 50年の歴史持つ“神スプレー” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テレビ業界の必須ヘアアイテム!? 50年の歴史持つ“神スプレー”

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める。

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める。

撮影現場で活躍するヘアスタイリストやサロンの美容師に支持され続けているヘアスプレー。雲のように軽い霧状スプレーで、ムラなく均一に塗布できる。ホールド力がありながら、スプレー後にブラッシングしても白くならず、簡単にほぐすことができるという優れもの。日々のスタイリングにも大活躍しそうだ。「エルネット サテンN」1296円(税込み、207g)

撮影現場で活躍するヘアスタイリストやサロンの美容師に支持され続けているヘアスプレー。雲のように軽い霧状スプレーで、ムラなく均一に塗布できる。ホールド力がありながら、スプレー後にブラッシングしても白くならず、簡単にほぐすことができるという優れもの。日々のスタイリングにも大活躍しそうだ。「エルネット サテンN」1296円(税込み、207g)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、ロレアルのヘアスプレー「エルネット サテンN」について。

【写真】支持され続けているヘアスプレー

*  *  *
「ヘアスプレー、かけてもいいですか?」

 スタイリングの後、テレビ局のメイクさんは必ず、こう聞いてくれる。

 女性の場合、アップやハーフアップなどの“まとめ髪”のときはもちろん、前髪をサイドに流すときも、本番中、乱れたり落ちてきたりしないよう、ヘアスプレーで固めるのは常識だ。

 けれど、冒頭のような問いかけがメイクさんたちの“お作法”であるということは、「ヘアスプレーが苦手」という人が、けっこう多いのかも。

 恐らく、自分でスプレーをかけたときの失敗経験が、「苦手」と思わせているのだろう。あるいは、あの独特の香りだろうか。

 しかし、出演者にとっては、もしかしたら演出陣にとっても、スプレーを使わなかったがために、本番中、髪が乱れるほうが大問題。

 たとえばニュースキャスターや料理番組を担当する女子アナらの髪がちょっとでも顔にかかったり、上げたハズの髪が落ちてきたりすると、それは“お叱り”の対象となる。

 以前、「髪を耳にかけてください」とメイクさんにリクエストしていた某局のベテラン女子アナに「珍しいね」と言ったら、やはり、“お叱り”に対応してのことだった。「たった1件のためにですよ」と、その女子アナは少々ご立腹だったが、正しい判断だろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい