ブーム到来! 小泉進次郎のスカジャンはダサいのか…プロの意見は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブーム到来! 小泉進次郎のスカジャンはダサいのか…プロの意見は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#小泉進次郎

タイを掲げて、支持者と当選を喜ぶ小泉進次郎氏(c)朝日新聞社

タイを掲げて、支持者と当選を喜ぶ小泉進次郎氏(c)朝日新聞社

 小泉進次郎衆院議員(36)が総選挙中に着ていたスカジャンが人気だ。テーラー東洋(東京都)の「DRAGON&TIGER」ライン(税込み6万2640円)で、品切れになっている。

 テーラーによれば、終戦後、米兵が日本駐留を記念して、ジャケットに鷲、虎、龍などの柄や基地名、部隊名などを刺繡したのが起源。その後、米軍基地の売店で販売され、「スーベニア(土産)ジャケット」とも呼ばれるように。担当者は「高級感を出すため、絹に似た天然繊維のアセテートが使われていました。刺繡は東洋をイメージしたものです」。

 アセテート素材を糸から再現し、特殊技術を要するミシンで職人が一枚ずつ刺繡。急な増産は困難という。

 光沢のある生地に極彩色の刺繡は、昔の暴走族を彷彿とさせる。数年前から巷でブームというが、なぜ?

 ファッション評論家の生駒芳子さんが解説する。

「2016年春夏以降、ルイ・ヴィトンやグッチ、ヴァレンティノなどハイブランドのメンズコレクションで、日本発祥のスカジャンを取り込んでブームに火がつきました。これは『ノームコア(究極の普通)トレンド』の反動で現れた、『タッキー(悪趣味・不良)トレンド』の流れと言われています」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい