“浪速のジョー”辰吉丈一郎夫妻、直してほしいところは「全部」と意見が一致! (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“浪速のジョー”辰吉丈一郎夫妻、直してほしいところは「全部」と意見が一致!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
辰吉丈一郎(たつよし・じょういちろう)(右)/1970年、岡山県生まれ。父・粂二さんの指導で5歳からボクシングを始める。中学卒業後に大阪帝拳ジムに入門。89年プロデビュー。日本最速タイの4 戦目で日本王座、当時日本最速の8戦目で世界王座(WBC世界バンタム級)を奪取。21歳で結婚。網膜剥離による引退危機を乗り越え、2度王座を奪回した。2008年に国内ライセンスを失効。所属ジムからは引退勧告を受けたが、現役続行の道を模索し、タイで2試合を行った。プロ通算28戦20勝(14KO)7敗1分け。辰吉るみ(たつよし・るみ)/1966年、大阪府生まれ。高校卒業後に家事手伝いをしながら当時珍しかった女性トレーナーを目指して大阪市内のボクシングジムに入門。21歳で夫と出会い、25歳で結婚。2男をもうけた。著書に『辰吉家 天下無敵の子育て』(ネコ・パブリッシング)、『無敵 わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎』(ベースボール・マガジン社)がある。(撮影/写真部・小原雄輝)

辰吉丈一郎(たつよし・じょういちろう)(右)/1970年、岡山県生まれ。父・粂二さんの指導で5歳からボクシングを始める。中学卒業後に大阪帝拳ジムに入門。89年プロデビュー。日本最速タイの4 戦目で日本王座、当時日本最速の8戦目で世界王座(WBC世界バンタム級)を奪取。21歳で結婚。網膜剥離による引退危機を乗り越え、2度王座を奪回した。2008年に国内ライセンスを失効。所属ジムからは引退勧告を受けたが、現役続行の道を模索し、タイで2試合を行った。プロ通算28戦20勝(14KO)7敗1分け。
辰吉るみ(たつよし・るみ)/1966年、大阪府生まれ。高校卒業後に家事手伝いをしながら当時珍しかった女性トレーナーを目指して大阪市内のボクシングジムに入門。21歳で夫と出会い、25歳で結婚。2男をもうけた。著書に『辰吉家 天下無敵の子育て』(ネコ・パブリッシング)、『無敵 わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎』(ベースボール・マガジン社)がある。(撮影/写真部・小原雄輝)

妻:息子になると、だんなの時とは全然気持ちが違う。心配というか、言葉では表せない。味わったことのない気持ち。

夫:あいつはずぶといというのか、泥臭さがある。要所要所でサボってるところもあって。打ち終わりに頭を振れと言われると、1ラウンドで振るのは振るけど、2ラウンドからはできへんねん。

妻:横着さが出るってことやろ? DNAやん。あんたもそうやった。相手のパンチが利かんかったら、よけずに受けてた。

夫:しょうがないな。辰吉のDNAはきついな。

妻:でも、寿以輝は、ボクシング界ではどこに行っても父ちゃんのことを言われるけど、帰ってきてそれをうれしそうに話している。「オレ自身を見て」という子もいるけど、そうじゃないみたい。むしろ、父ちゃんの大ファン。親としてはうざいなって思っているけど、ボクサーとしてはめっちゃ好きやねん。

――今は夫婦二人の生活。妻は夫の生きざまを尊重し、寄り添っている。

妻:私はずっと見てるだけ。おなか空いた、ご飯まだ?って言いながら。でも、最近はご飯を炊くようになったからね。この前はお風呂の掃除もしたし。生まれて初めてね。

夫:これマジやで。


週刊朝日 2017年10月27日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい